13

なかなか外出ができなかった今年。来年はどうなることやら……まだまだ先が読めない状況ですが、外出の準備は整えておきましょう!

というわけで、ROOMIE編集部員もバッグやスマホケースなど、小物をたくさん買い足していましたよー!

編集部員・小池田が買って満足したモノ

Aeta / DEER LEATHER SHOULDER POUCH

鞄が好きでいろいろ持っていますが、結局手に取ってしまうのはいつも黒のショルダーバッグAetaのアイテムはやわらかい革の手触りが気持ちよく、使えば使うほど味が出てくるのが好きです。

中でもこのショルダーポーチはポケットが複数ついていて、ツールバッグみたいな不思議なかたちが他にはなくてお気に入り。意外と収納力もあるし、どんな格好にも合うのでつい出番が多くなってしまうんですよね。

編集部員・野口が買って満足したモノ

手指消毒液用ボトル

中国のAmazon的なサイトAliexpressでよくわからないものを購入するのにハマっていて、これもそこで購入したアイテムです。

最近ではあちこちに手指消毒液が設置されていますが、たまに置いてないことがあったりするので、いつでも気になったときに使えるように持ち歩きたいところ。

しかしカラビナでどこにでもぶら下げられるような丁度いいサイズのボトルを探しても、なかなか良いものが見つからない……というときにAliexpressで見つけ購入。

詳細な価格は忘れましたが、5本ぐらいパックになっていて、送料込みで1本100円もしなかった気がします。物価がおかしい……。これを腰のベルトのループにひっかけておいて、なにかに触ったあとや飲食の前にサッとフタをあけて消毒する使い方をはじめてから、移動中の不安要素が減って快適に過ごせるようになりました

編集部員・松崎が買って満足したモノ①

Topologieクロスボディフォンケース

私的にはガチのベストバイナンバーワン! ケースを外さないと充電できなかったり、紐が邪魔だから家の中では別のケースに入れたりする必要はあるのですが、それ以上に外出時の相棒といっても過言ではないほど常に一緒にいます。

仕事のときはサッと取り出せるし(録音するとき特に便利)、旅行やライブにいくときの身軽さと言ったらもう……。自転車でナビに従っているときも便利ですね。停止するたびにサッと確認できるので。

電子マネーを使う時なんかはとってもラクなので、メイク直しをしなくなった最近は、コレと財布だけ持って外出しています。いまや、これなしでは外出できません

編集部員・松崎が買って満足したモノ②

エンダースキーマ trifold wallet

ポケットに入る財布がずっと欲しくて、ついに手に入れたエンダースキーマの「trifold wallet」。

これまで長財布だったので、いきなりカードポケットが半分以下のミニマルウォレットに変えて大丈夫かなと不安もありましたが、実際使っているカードって2~3枚なのでちょうどよかったなと。コインケースが外に付いていて開け口も広いので使い勝手も抜群。なにより、ポケットに入るのが最高で……。

Topologieの「クロスボディフォンケース」と合わせて使っていると、カバン不要の生活になってしまいました

副編集長・花崎が買って満足したモノ①

Barzagli「Mask ZERO」

マスク着用時のストレスとして、息苦しさとメガネが曇ることがありました。それを解消してくれたのが、バルザーリのマスク

もともとワークアウトやランニングなど、体を動かすシーンで使うことを目的としているため、着用感の快適さはハンパなく、息苦しくありません。もちろんメガネも曇りにくいです。

飛沫防止のマスクなので、インフルエンザなどのウイルス対策にはなりませんが、ぼくにとっては、快適な逸品。発売後、数時間で完売するので、インスタかFacebookをフォローしておくと入荷場情報をキャッチできますよ。

副編集長・花崎が買って満足したモノ②

NIKE「エア ズーム テンポ ネクスト%」

ランニングを始めて9年目。タイムも上がって、楽しいランニングをかなえるには、シューズは大切。だからこそ、どんなに速く走れるよと謳っているシューズでも、自分の足に合わないのは、単なるストレスでしかありません

何かと話題のNIKEですが、今年発売した「エア ズーム テンポ ネクスト%」は、ぼくの脚にはちょうどよかったんです。現段階でNIKEのランニングシューズの中でハイエンドモデルは「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」ですが、履いてみたい憧れはあるものの、脚力がないと怪我につながりそう。

速過ぎず、走りやすさを兼ね備えたこのシューズで、早くレースに出たい……(コロナ禍でレースが相次いで中止)。
と書いていたら、エントリーしていた湘南国際マラソンの中止のお知らせが届きました(泣)。

副編集長・花崎が買って満足したモノ③

alk phenix「extension loop」

仕事もプライベートも、大きさは違えどカバンは欠かせません。

こういった類のものは、荷物が少ない人向けなのかなと思っていて、触手がのびませんでしたが、周りで盛り上がっていたのもあって興味本位で買ってみたところ、これが大正解!!

何をぶら下げるかは自由。ぼくの場合は、自宅と自転車の鍵に加えてケースに入れたワイヤレスイヤホンをぶら下げています

以前は、カバンの小ポケットに鍵類を入れて、使うときにいちいち出していたんですが、ポケットが多い鞄を使うことが多いので、どこのポケットに入れたっけ?ということがしばしばありました。

ところが、extension loopにぶら下げるようになってからはそのストレスも解消され、さらには、失くしがちなワイヤレスイヤホンもこれで一安心。電車で座っていた時に、パンツのポケットからポロッと落ちることもなくなったんです。

歩くとジャラジャラと音がするので、若干やかましさはありますが(笑)、斜めがけで常に身につけているだけで、なんだか大切なものを守ってあげて、逆にぼく自身も守ってもらっているという不思議な感覚も、もしかしたら肌身離さず持ちたい理由なのかもしれません。

編集部員・高梨が買って満足したモノ

zoff 調光レンズ眼鏡

zoffでフレーム料金+3,000円で入れられる調光レンズです。

日差しに反応してサングラスのように色が変わり、室内では普通のメガネとして使えるという魔法のようなレンズです、これは最高ですよ! 朝自転車に乗るときや、登山に行った時に大活躍してくれました。

いちいち眼鏡とサングラスをかけなおす手間と2本持ち歩かなければいけないストレスが無くなりました。最近はコレしか掛けていないです。

編集部員・門岡が買って満足したモノ

アークテリクス アロー8

脱・リュックの立役者は、アークテリクスの「アロー8」。12.9インチのiPadが入ること、これが1番の魅力です。

欲を言えば13インチのパソコンが入ってほしかったところではありますが、リュックとサコッシュの中間に位置するかのようなサイズ感は本当に使いやすさを感じます。

500mlのペットボトル、iPad、長財布、折りたたみ傘。全て詰め込んだとしても、ここまで身軽さを演出できるバッグ。「アロー8」の他に見たことありません……!

あわせて読みたい:


Ranking