ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

収納を増やしたり、モノを減らしてみたり……自宅をすっきり整えようと思っても、どうしても収まりきらないのが「趣味グッズ」。

ROOMIE編集部員も、インテリアの調和を無視することだってあります。だって、インテリアがどうこうと言う前に、「それが欲しい」んだもの。

2020年買い増やした、愛の詰まった趣味グッズをご紹介します。

編集部員・浅田が買って満足したモノ①

ともコーラ

クラフトコーラってこんなにおいしんだ!そりゃあ流行るわ!」と唸った1本。

コーラナッツやナツメグをはじめ、世界中のスパイス、和ハーブ、国産の柑橘類から作られた、100%天然由来の「生」コーラで、炭酸を注げば、どこでもできたてコーラが楽しめるだけでなく、赤ワインにいれてあたためれば甘~いホットワインになったり、牛乳と割ればチャイ風になったりとアレンジも楽しめます。ストックを切らせない1本です。

編集部員・岩澤が買って満足したモノ②

『The Virgin Suicides オリジナルサウンドトラック』(アナログレコード)

年に1度、世界同時開催されるレコードの祭典「レコードストアデイ(略してRSD)」。

このRSDに私が今回参加したのは、どこを探しても見つからなかった『ヴァージン・スーサイズ』のサウンドトラックLP(「I’m Not In Love」が収録されているもの)が、この日に限定販売されるとの情報を聞きつけてのこと。

各店舗に数枚しか入荷されない在庫。絶対に負けられない戦いに挑むべく、レコードショップ近くのホテルに前泊し、一番乗りで会場入り。ビル清掃のおっちゃんに「場所が違うんじゃないか」と心配されながら、待つこと4時間(実際そんなに待たなくても買えました)。

待っている時間すらもワクワクしながらようやく手に入れたレコードは、ジメジメした雨の日に聴きたくなる、一瞬の刹那を閉じ込めた青春の1枚なのでした。

副編集長・鈴木が買って満足したモノ①

『風の谷のナウシカ』全7巻箱入りセット

「絶対読んでください!僕のバイブルです」と建築家・山之内淡さんから言われ、即ポチ。意外と読んだことのなかったマンガ版のナウシカですが、その中身に驚愕でした。

小さい頃からテレビで見ていた映画版ナウシカの世界は、ほんの一部。このマンガの中には、映画では描き切れない壮大なストーリーが広がっています。

膨大な内容なので安易に解説できませんが、意外と見ていなかった……という方は、ひっそりとAmazonで買ってみて。

副編集長・鈴木が買って満足したモノ②

マンガ『スキップとローファー』

今年はマンガがとっても充実!ありがとうございます!

正直、秋ごろに最終巻が発売された『水は海に向かって流れる』(田島列島・講談社)も最高だったのですが、この『スキップとローファー』が僅差で上回りました。

舞台は高校生活。主人公が愛おしい性格で、それぞれのキャラクターにマッチした感情がとても自然に描かれていて、すべてが完璧。絵はほのぼの可愛らしいのに、心がキュッとする場面が何度もあって。とにかくもう、最高なんです

編集部員・谷田貝が買って満足したモノ

ソニー ミラーレス一眼 α6400

10月頃に意を決して購入したソニーのミラーレス一眼

コスメのレビュー写真を撮る際に役立つ「自撮り機能」も搭載されていて、一人でも高画質で顔のパーツなどを撮影することができます。

撮影データを取り込むのにわざわざSDカードリーダーを要することもなく、カメラから直に接続コードをつなげてPCに取り込めるのは本当に便利。同様に、充電もカメラに直にコードを挿して行えます。

この秋はグランピングに持っていって山や星を撮ったり、ペットのインコの動画を撮ったり、存分に楽しませてもらいました。

仕事でもプライベートでも、長い付き合いになりそうです。

編集部員・門岡が買って満足したモノ

和平フレイズ スキレット 15cm コンボセット

今年は僕にとって、スキレット元年。これまでROOMIEでも数回に渡って紹介してきたこちらは、和平フレイズのスキレット

高火力で肉を焼いたり、燻製を作ってみたり、ポテチを揚げてみたり……。スキレットを使ってさまざまな料理にチャレンジしてきましたが、今度はパン作りをしてみようかな~と画策中。

スキレットは手入れを面倒に感じる人がいるかもしれませんが、むしろ僕はあの時間が結構好きでして。手が掛かるからこそ、コミュニケーションの時間が増えて、信頼関係(?)が生まれるとでもいいますか。

ちょっと放っておくとサビてしまうという気難しい側面もあるけど、そんな繊細な部分も含めて愛おしさを感じてしまうアイテムです。

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking