タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

7

もともと、ブッシュクラフト用に錆びにくいステンレスナイフを持っていた筆者。

でも錆びにくいとは言っても、釣りで魚を捌いたりすると、少しずつ錆びていくのが悩みでした。

そんな矢先に、錆びないと噂のナイフを知り、早速購入。これがいろいろ凄かったんです!

刃物の街岐阜県関市のメーカー「G.SAKAI」

私が今回購入したのは、刃物の街である岐阜県関市のG.SAKAIのもの。

G.SAKAIはアウトドアナイフや包丁をはじめ、製品の開発&製造を行っている刃物メーカーです(すべてMADE IN JAPAN)。

G・サカイ ニューサビナイフ

G・サカイ ニューサビナイフ 2 サバキ3寸 7,487円(税込)

そこで見つけた「サビナイフ2」

G・サカイ ニューサビナイフ

なんでもブレードに採用している素材は、H-1鋼材で、一般的なステンレス製に比べて錆に強いのだそう。

同メーカーが3%濃度の食塩水に、H-1鋼材ナイフとステンレス製のナイフを沈めて放置する実験をした結果をユーチューブにあげていたのですが、なんと365日経ってもH-1鋼材ナイフの方は、錆が発生していなかったんです!

その動画がこちら。

これなら釣った魚を捌いたり、海水がついたりしても、錆びることを気にせず安心して使えますね。

アウトドアに安心! フルタング&ケース付き

G・サカイ ニューサビナイフ

「サビナイフ2」は刃がハンドルの後ろまで貫通しているフルタング構造

フルタングは頑丈で耐久性に優れているのが魅力です。

G・サカイ ニューサビナイフ

また、安全に持ち運びができるよう、軽くて衝撃に強いグラスファイバー強化ナイロン製のケース付

アウトドアシーンに持って行く時も、安心ですね~。

ブッシュクラフトナイフではない!

G・サカイ ニューサビナイフ

上がブッシュクラフトナイフ、下がサビナイフ2。

「サビナイフ2」の刃の厚さは2.3mmと、ブッシュクラフトナイフに比べると薄いです。

そのためバトニングを目的とした使い方は、刃欠けの原因にもなるので、やめたほうが良いでしょう。

が、G.SAKAIからはブッシュクラフト用のナイフも展開しているので、気になる人はぜひチェックを! 

G・サカイ ニューサビナイフ

塩水に1年間沈ませても全く錆びない「サビナイフ2」なら、錆びにくいステンレス製のナイフを錆びさせる筆者が使っても大丈夫そう!

とにかく錆びないナイフが欲しいという人は、ぜひG.SAKAIのナイフをチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking