かとパン

かとパン

15

日本海側の町や山間では積雪もあり、冬らしくなってきましたね。

私の住む町でも雪が降ったので、自宅周辺の雪かきをがんばりました。

今年はこのウェアのおかげで、雪かき時の防寒対策もバッチリです

安定のモンベルウェア

モンベル レインワーカージャケット 14,740円(税込)

モンベルの「レインワーカージャケット」は、農林漁業カテゴリーから販売されているレインジャケット。

ワークウェアとして申し分のない機能性に優れた1枚です。

私が着用しているのは男女兼用のXSサイズ。

ゆったりとした着心地なので、中にフリースやダウンを重ね着することができます。

着心地抜群のワークウェア

生地にはモンベル独自素材のドライテックが使われています

20,000mm以上の耐水性と適度な防風性、蒸れを外へ放出してくれる透湿性を兼ね備えた高機能素材です。

雪かきってやり始めは寒いのに、作業中は汗が出るほど暑くて大変なもの

でも、動きを止めると汗が冷えてすぐに寒くなる、という悪循環に陥ってしまいます。

このレインワーカージャケットは、そんな厳しい環境と寒さから身体を守るとても心強い味方

農作業、雪かき作業に特化した機能

農作業や、雪かき作業を快適におこなうための機能も完備されています。

1つ目は、ひさしが長いフード

雪が降る中でも、良好な視界を保つ効果があります。

2つ目は、腕の上げ下げがしやすい裁断パターン

腕を大きく動かしても肩がつっぱる感覚はなく、身体の動きを邪魔しません。

また脇の部分にはジッパーも付いているので、ベンチレーションとして機能してくれるため、ウェア内の温度調節ができます。

3つ目は、フロントジッパーの上にかぶさるフラップ

マジックテープ付きで、ジッパー部分からの雪や風の侵入を防いでくれます。

耐久性もgood

通常のレインウェアとの一番の違いは、耐久性

高強度のフィラメント糸を高密度に織りあげることにより、ジャケット本体の擦れや破れを軽減しているそう。

登山用のレインウェアより生地も硬いので、着心地はパリっとしていますが、何回か着用すると慣れるので問題はありません。

パリッとした生地のせいだと思いますが、雪かき作業中に生地と生地が擦れる音がして少し気になります。

ただ気になるというだけで、作業に支障はありません。

いまからが冬本番

まだまだ寒波がやってきそうな予感。

私の冬には、このレインワーカージャケットと雪かきスコップは必須アイテムです。

さてさて、今シーズンは何回雪かきすることになるのでしょうか。

モンベル レインワーカージャケット

あわせて読みたい:


かとパン

フリーランスとして活動しながら「猟師」という一面も持つ、サバイバル系女子。普通の登山も好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking