マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

10

お手頃な価格帯と機能性から毎年大人気の無印良品のダウンベスト

今年はなんとMUJI Laboからもダウンベストが登場したとのことで、早速チェックしにお店へ。

「この辺がちょっと気になるんだよな~」と思っていた部分を、MUJI Laboが解決してくれていたんですよ~。

サイズ感が絶妙なMUJI Laboのダウンベスト

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」 6,990円(税込)

MUJI Laboのダウンベストの機能は、無印良品の通常ラインで販売されている「軽量ポケッタブルダウンベスト」とほぼ同じ。750フィルパワーのオーストラリア産ダウンに、生地はナイロン素材を使用しています。

カラー展開は通常ラインと比べて2色と少ないですが、MUJI Laboでのカラフルな展開はこれまでに見たことが無いので、その点は想定内。

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」と無印良品「軽量ポケッタブルダウンベスト」を重ねる

大きく違うのはサイズとデザイン

私がゲットしたのは一番小さいXXS~Sサイズで、元々持っていた通常ラインのダウンベストのSサイズと大きさを比較してみました。

パッと見てわかる通り、MUJI Laboのほうが身幅、着丈、袖口の広さのゆとりがたっぷりと設けられています。

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」と無印良品「軽量ポケッタブルダウンベスト」の袖口を比較

通常ラインのダウンベストは、ワンサイズ大きいモノを選ぶと中にスウェットを着たときにパツパツになってしまったり、メンズを選ぶと袖口はちょうどよくても身幅や丈感がしっくりこなかったりと、なかなかちょうどいいサイズ感ではないな~と思っていました。

その点、自分に合うサイズで、身幅や着丈、袖口にゆとりを作ってくれたのはかなり嬉しいポイント。

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」と無印良品「軽量ポケッタブルダウンベスト」の首元の形

そしてもうひとつの大きく違う点、デザイン。

見てわかる通り、首元がVネックになっています。

無印良品のダウンベストは毎年クルーネックかスタンドカラーのみの展開だったので、この登場にはかなり驚きました。さすがMUJI Labo!

両面しっかり活躍するリバーシブル

そして何より、このダウンベストの最大の特徴ともいえるのが、リバーシブル仕様であること。

リバーシブルというと、表面は気に入ったけど裏面は色が違ったり柄が入っていたりとなんだか惜しい……といった印象を受けるモノが多くあったような気がしますが、このダウンベストは両面大活躍してくれるとてもシンプルなデザイン。

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」表面


MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」表面ポケット

表面はこんなかんじ。

ポケットが両側についていて、キルティング加工がないツルンとしたデザイン

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」裏面

裏面はキルティング加工がされていて、ポケットは前面に。

私的には前についたポケットがお気に入りなので、裏面をよく使っています。

表裏、微妙にデザインが違うだけですが、着てみると結構印象が変わるんです。

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」着用

若干裏面のキルティング加工が透けていますが、こちらが表面。

コチラの方がシンプルなデザインだからか、落ち着いた印象に。

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」裏面着用

こちらが裏面。

キルティング加工とポケットが目立つので、シンプルな白のスウェットも少しにぎやかになりますよね。

中に着るものに合わせて、ひっくり返してコーディネートを楽しむのもいいかもしれません。

もちろんポケッタブル仕様

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」収納袋

通常ラインのダウンベストと同様、MUJI Laboのダウンベストもポケッタブル仕様であることは変わりません。

裏面のポケットの中に収納袋が付けられているので、

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」を収納していく

3等分に折り、くるくると回して収納袋に入れれば、

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」を収納袋に入れた状態

コンパクトなサイズに。とはいえなんだかバッグの中ではかさばりそうな大きさだな……と感じるのであれば

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」をさらに小さくたたむ

むにゅっと半分に折ってもいいかもしれませんね。

外出するたびに着たくなる

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」

MUJI Labo 「軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト XXS~XS」 6,990円(税込)

一気に冷え込んできた今週頭から、コートの下には常にこのダウンベストをINするようになりました。

家の中でも会社にいてもずっと来ているくらい“スタメンインナーポジション”になるほど。

もちろん、通常ラインのダウンベストも手放せませんが、オーバーサイズの服が多い私にとってはコチラの方が出番は多くなっていくかもしれません。

軽量ポケッタブルリバーシブルダウンベスト [無印良品]

あわせて読みたい:


マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

“マクド”と言い続けたいコテコテの大阪人|服と食とお笑い(漫才)とライブとフェスと瀬戸内海の島がだいすきです。夢は島暮らし。イラストはハマダユウヤさんに描いていただきました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking