oh!ga

oh!ga

9

普段から室内用の脚立をちょっとした棚代わりに使用していたんですが、やはり脚立は脚立。おけるものにも限界があります。

もともと家に物が少ないので気にもしていなかったんですが、いざ脚立を使用しようとした時、いちいち退けるのも面倒で……。

ひとまずなんとかしようと、一時的な小物の避難場所として導入した「SIDE BASKET CLAMPER」が、結構便利だったんですよ。

板に挟むだけで追加収納になる

「SIDE BASKET CLAMPER」2,750円(税込)

SIDE BASKET CLAMPER」は、鉄でできたバスケットです。

Cクランプと呼ばれるクランプ(ねじで締めこんで挟み込むやつ)がバスケットに直接溶接されているのが特徴です。

大体4.5cmくらいの厚さであればねじを締めこんで固定し、棚を追加できます。これが手軽でいいんですよね。

脚立につけたり、デスクにとりつけたり、食卓に取り付けたりと、元の素材を傷つけずに使いまわせるので、その時々で必要な場所に設置するのが楽なんです。

鉄の質感がイイ

後付けのバスケットはマグネット式なんかは100均でもありますが、鉄製のものはそんなに見かけません。

重さも525gとプラスチック製に比べると重たいですが、質感がしっかりしているので、後付けでも馴染みます。

ガラステーブルやスチールテーブルよりは、木材との相性が◎だと思います。鉄✕木は木の温かみと鉄の冷えた質感のバランスがいいですよね。

耐荷重も1.25kgあるので、テーブル周りの小物を収納するには困りませんよ。

取り付ける際は「幅」に注意

取り付ける場所がフラットなら問題ありませんが、ちょっと縁がでっばっているような場所に取り付けるときは注意が必要です。

クランプ部分までしっかり着くような幅の木材であればしっかり固定できますが、2cmくらいの幅だと、クランプ部分まで届かずにねじ部分だけで固定する形になりぐらぐらしちゃうので気を付けましょう。

食卓が一気にアメリカンダイナーっぽくなる

個人的にベストな設置場所は食卓です

ハインツのケチャップマスタードなんか置くと一気にアメリカンダイナーみたいな雰囲気になって楽しくなりますね。

調味料やナプキンなんかの食卓小物の定位置ができるので、いちいち取りに行ったり片付けるときの手間も減っていい感じ。

あとはミシガンラダーには純正品ですか? ってくらい馴染みよく収まるので、木製の脚立を持ってる人は間違いないと思います。

ちょい足しで雰囲気よく収納を増やせるので、「SIDE BASKET CLAMPER」、ぜひおすすめですよ。

あわせて読みたい:


oh!ga

都内でWebディレクターをするかたわら、けん玉チーム「damassy」の一員としてけん玉普及活動にまい進するアラサー。日々けん玉動画を撮影してyoutubeにアップしたり、動画編集に追われてあっぷあっぷしてたりする。 ■youtube https://www.youtube.com/c/damassy

feature

ファッション小物やアウトドアグッズ、キッチン周りのあれやこれ…。いつだって欲しいものは尽きないから、暮らしのスペースを確保するための“収納術”は、しっかり身につけておきたい。 できるだけ自分らしく暮らしをカスタマイズするための、ROOMIEライターたちの一工夫をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking