ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

5

今年は1年が本当に早かったですね。マスクをはじめ、生活に必要なアイテムの変化も大きかったことは言うまでもありません。

ROOMIEで毎年実施している「編集部員のBEST BUY」を集めてみたところ、なんと3名が自転車を購入しました

公共の交通機関を避ける「時代の流れに順応している」のか、ただ単に「自転車に対する好奇心が高い」だけなのかわかりませんが……とりあえず、ご紹介スタート!

編集部員・小池田が買って満足したモノ

tokyobike「TOKYOBIKE LITE」

外出自粛が続いた時期に、公共交通機関をなるべく使わなくていいよう購入した自転車。

TOKYOBIKE LITE」というモデルはTOKYOBIKE初の女性スタッフがデザインした自転車らしく、変速のないシングルギアで漕ぎ出しがとっても軽やか。フレームもまたぎやすいようなかたちになっていて、スカートやワンピースでも気にせず乗れちゃうのが心強いです。

自転車に乗るのはなんと8年ぶり(!)だったのですが、自分の足でペダルを漕ぐだけでこんなにもいろんなところへ行けるのか……と行動範囲だけでなく、視野を広げてくれた一台になりました。

編集部員・野口が買って満足したモノ

FUJI Feather CX+

なるべく見た目がシンプルで、そんなに高くなく、しかしなるべく幅広くロードバイクとして楽しめる自転車を探した結果たどり着いたのが、FUJIの「Feather CX+」。

元は荒れた路面を走るレース向きの機種なのでディスクブレーキに太めのタイヤという仕様でしたが、タイヤを細く、ホイールをより軽量なものに変えたところ、舗装路もスイスイ楽しく走れる一台になりました。

新型コロナ禍のさなかにも気兼ねなく使える移動手段として自転車を選択できるようになったことで、生活圏がグッと広がりました

副編集長・鈴木が買って満足したモノ

tokyobike「TOKYOBIKE 26」

ROOMIEでも自転車連載が始まっていますが、特に合わせて購入したわけではありません。学生以来、10年ぶりに自転車で走りたいなぁと思い、この「TOKYOBIKE 26」を買いました。

しかし、届くまでが散々で……。お店で注文し、2~4週間で届くと言われていたのに全く連絡が来ず。1か月経った頃にしびれを切らし問い合わせたら、さらに1か月弱ほど待つことに。在庫が少なかったのだそう。挙句の果てに、完成品のロゴには傷が!

自転車に乗る毎日が楽しくなり、1日30km走ろうという強気の目標もでき(達成したことはありません)、その上乗り心地やデザインは抜群に良いのですが、いろんな意味で印象的な一台となりました。

tokyobike購入者が2/3を占めるというまさかの結果となりましたが、今年の状況もふまえて、いまは自転車を購入するのに良いタイミング。2021年から自転車ライフを始めてみるのもおすすめです!

そんな方はぜひ、自転車を愛する方々のライフスタイルを追うROOMIEの連載企画『みんなの自転車』も、ぜひ参考にしてくださいね!

この「編集部員が2020年に買って満足したモノ」は、他にもたくさん記事を公開しますので、ぜひともお楽しみに~。

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking