小池田

小池田

34

厳しい寒さから身を守るためのアウターって、どうにもモコモコしがち。

着ぶくれした感じが気になって敬遠していたのですが、これならスマートに防寒できそう。

秘密は宇宙服にも使われている素材

OROSの「エンデバージャケット」は、なんと−40℃まで対応する異次元のアウターウェア。

秘密は、NASAが宇宙服に使用していることでも知られるエアロゲル素材

そのエアロゲルを特殊加工した、たった3ミリの生地“ソーラーコア”が内側に使われているため圧倒的な防寒を実現しているのだとか。

ウィンタースポーツや冬のアウトドアで大活躍

防水防風素材で雪などの侵入をシャットアウトしてくれるので、ウィンタースポーツや雪山登山、冬場のバイクや自転車の運転時にも◎。

普段の生活でそこまでの寒さを体感することはありませんが、これなら中に着込まなくてもあたたかそう……。

さらに難燃性素材のため、キャンプファイヤーやBBQで着ていてもOK。

火の粉が飛んで穴が開いてしまった……なんてことがなくなるので、アウトドアでも活躍してくれそうですね。

細部まで防寒仕様

また、素材だけでなく細部の構造にもこだわりがあるのがエンデバージャケットの魅力。

手首やフード、腰まわりは調節でき、風や雨、雪の侵入をしっかりガードしてくれるそう。

とことん冷気を遮断してくれるのが頼もしいなあ。

複数ポケットで収納力もバツグン

全5カ所の大容量ポケット付きで、財布やスマホ、さらにタブレットまで収納できちゃうのもすごい!

これさえ着れば余裕で手ぶらで出かけられそうですね。

エンデバージャケットは現在、クラウンドファンディングサイト・machi-yaにて支援を募集中です。

スマートに見えて超ハイスペックなアウター、着れば無敵になれること間違いなしでは?

たった3ミリの素材で-40℃まで対応!NASA技術で進化!エンデバージャケット[machi-ya]

あわせて読みたい:


小池田

フリーランスの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking