カマタユキコ

カマタユキコ

13

成人前まで6年間バレーボールをしていて体力には自信がありましたが、大人になってからは体力のなさを痛感する毎日……。

冬は寒いし、子どもがいるとなかなか外で運動はできないんですよね。

悩んで悩んで購入したスピンバイクは、なんと今年一番買ってよかったと思えるアイテムでした!

初めて購入したトレーニングアイテム

HAIGE スピンバイク HG-YX-5006S グレー
税込29,800円

「絶対置物と化すよ」「使わなくなるに一票」なんて周りに言われながらも、この運動不足を解消するために購入したのが、ハイガー産業の「スピンバイクHG-YX-5006S」。

新型コロナウイルスの影響で外出も気ままにできないし、子どもが生まれてからは外でのトレーニングも難しい。

そんな運動不足やストレスを解消するべく、思い切っておうちにお迎えしました。

トレーニングアイテムですが、カラーリングやデザインもシンプルでインテリアの邪魔にならないのが購入の決め手。

マットが付属していたので傷の心配もなく、好きな場所にマットを敷いてスピンバイクを組み立てました。

組み立ては大体1時間ほど掛かりましたが、本体が重いので複数人でやるといいかも。

我が家では寝室に隣接する廊下に設置。これで子どもを寝かしつけた後でもトレーニングができます。

静音性は期待以上。周囲に気兼ねなくエクササイズ

音がうるさいとそれだけでストレスだし、周りに気兼ねなく昼夜問わずトレーニングしたいので静音性も重要

スピンバイクHG-YX-5006Sはフライホイールにパッドを押し付け、その摩擦で負荷をかける摩擦式負荷システムなので静音性もバッチリ。わたしは子どもを寝かしつけてからスピンバイクを使いますが、隣の部屋で寝ている子どもたちの起きる気配はナシ

ペダルを漕ぐと、ガスコンロでガスがで出る音のような「スー」といった程度の音だけなのです。

10kg重量のホイールにデザインカバーが付けられていることで、安全性や耐久性にも優れているそう。

負荷をかけずに軽く漕ぐと、30分経つ頃には10キロ以上走っています。

こんなに汗を流したこと、最近あったっけ。それにしてもやっぱり体を動かすって気持ちがいい!

最初はサドルの硬さが気になって痛いと思っていましたが、1週間もすれば気にならなくなりましたよ。

快適な“ながら”エクササイズ

また、10インチほどまでの大きさのものを置けるスペースがあるので、タブレットを置いてAmazon Primeでドラマや映画を見ながら運動できます。

ドリンクホルダーもあるのでタンブラーを置くのもおすすめ。

好みのポジションや負荷で家族全員使える

サドル〜ペダル間は67〜85センチの7段階、ハンドルは97〜109センチまで調整することが可能。

42通り+αポジション調整だけでなく、ダイヤルを回すだけで負荷設定もできるので、家族全員で使うことができています

わたしはサイクリングの感覚で平地を走るくらい、夫は山登りするくらいの負荷設定でそれぞれ楽しんでいます。

また、ペダル回転数を表示する「ケイデンス機能」も搭載。

回転数、時間、距離、カロリー、速度がわかるので、自分が今どれくらい運動しているか一目で分かります。

心拍数はハンドル部分のクリップセンサーで計測することが可能です。

しかし、この計測機を握りながらの姿勢はやってみるとなかなかキツイ! 腕や背中の筋力に効いてるな〜と感じます。

本物の自転車と同じ規格サイズなので、回転径が大きく全身運動がしやすいのも◎。

その日の気分やコンディションに合わせて、軽いトレーニングから本格的なエクササイズまで使用することができます。

継続の鍵はトレーニングをするハードルを下げることでした

スピンバイクを始めて3ヶ月弱。私だけでなく夫もハマって、ほぼ毎日トレーニングしています

挫折せず継続できるように、ラフな格好でやるシューズはマットに用意しておく好きな動画を見るの3つを工夫しました。

トレーニングをするぞ!とあまり意気込まず、楽に取り組めるようにハードルを下げることで継続できている気がします。

スピンバイクを始めてから、夜は今まで以上にぐっすり眠れたり、子どもと一緒に軽々と動けるようになった気がします。

何より夫もわたしも、ストレス発散しながら健康に対する意識も高くなったのが嬉しい効果なのでした。

ハイガー産業 スピンバイク グレーHG-YX-5006S[Amazon]

あわせて読みたい:

カマタユキコ

一日の大半を家の中で過ごすおうち大好き人間。毎日の暮らしがもっと楽しくなるように考えながら、現在4歳と2歳の育児に奮闘中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking