浅田 よわ美

浅田 よわ美

4

みなさん、導入液って使っていますか?

「まだ使ったことがない」「最近肌の乾燥を感じるようになった……」という方はぜひ!

冬の乾燥対策に、導入液デビューしてみませんか。

いまさら聞けない「導入液」って?

導入液

たくさんあるから、むずかしい

そもそも導入液とは、洗顔後、化粧水の前に使う美容液などのこと。

プレ化粧水ブースターとも呼ばれ、いつものスキンケア前に使うことで肌の角質をやわらかくして、化粧水の浸透を高めてくれるといわれています。

導入液

手やコットンで肌になじませます

とはいえ、さまざまなメーカーから発売されているため、一体どれがいいの?と悩むことも多く……。

今回はいろいろ使ってみたなかで、特にお気に入りの5本を比較しながらレビューしていきます!

シンプルでさっぱりとした使用感の“無印良品”

無印良品 導入化粧液

無印良品「導入化粧液」1,290円(税込)

まずは周囲でも愛用者が多い、無印良品の「導入化粧液」。

岩手県釜石の天然水を使用した1本で、天然うるおい成分としてツバキ種子エキスなどの5種類の植物エキスとアンズ果実を配合しているそう。

サラッサラの水のようなテクスチャで、とろみやベタつきがないのが特徴。

無印良品 導入化粧液

本当にサラサラなので、肌に含ませれば含ませるほどぐんぐん浸透していく感じがして気持ちいい〜。

浸透させたあとは、肌が潤いフワフワした触り心地に。

シンプル&さっぱりした使用感が好きな方、また、化粧水など他のアイテムにこだわっているから、導入液には導入液としての効果だけ求めている方におすすめしたい1本です。

角質ケアもできる1本2役な“CNP Laboratory”

CNP Laboratory Invisible Peeling Booster

CNP Laboratory「Invisible Peeling Booster」1,880円(税込)
※Amazonでの販売価格

ネットでの口コミがよかったことから購入したのは、CNP Laboratoryの「Invisible Peeling Booster」。

CNP Laboratory Invisible Peeling Booster

最大の魅力は、導入液として使用するだけで同時に角質ケアもできちゃうところ。

CNP Laboratory Invisible Peeling Booster

洗顔後でも汚れてる……?

洗顔後にこれをコットンで塗っているとホコリがついたり、ほんのり黒く汚れたりして「もしかしてこれが古い角質……!?」とビックリ。

角質ケアといえば、拭き取りや洗い流しでのケアがメジャーでしたが、刺激が強かったり、肌に必要な成分も取り去ってしまうのが懸念でした。

CNP Laboratory Invisible Peeling Booster

出しやすい口の形状も◎

このブースターなら拭き取らずにトントンと浸透させるだけで、面倒な角質ケアが低刺激で完了!

テクスチャは、無印良品よりはとろみを感じるもののサッパリめ

浸透させた後の触り心地は、化粧水をしたあとのようなモッチリ肌に。

CNP Laboratory Invisible Peeling Booster

1本で2役と考えると、価格も決して高くはない印象です。

ただ、既にある毛穴汚れへの効果はあまり感じなかったので、今後のトラブル予防に使うのがいいかも。

短時間かつ手軽にスキンケアをレベルアップさせたい方におすすめな1本です。

鼻の黒ずみには“タカミスキンピール”

TAKAMI タカミスキンピール

TAKAMI「タカミスキンピール」5,280円(税込)

角質美容液である「タカミスキンピール」は、顔全体になじませて3分置くことで角質層に浸透し、肌がうるおいや美容成分を受け入れる準備が整うそう。

毛穴の黒ずみが気になるときなどは、朝晩の化粧水前に愛用しています。

TAKAMI タカミスキンピール

翌朝毛穴がツルピカになっているわけではないですが、数日使いつづけると「あれ、小鼻がキレイになってきたかも」と毎回感じられるのがお気に入り。

TAKAMI タカミスキンピール

水のようなサラサラのテクスチャで1本で潤う感じはないので、この後の保湿をしっかりたっぷり丁寧に行える方におすすめ。

価格はやや高めですが、毛穴汚れに悩んでる方には一度使ってみてほしい逸品です。

乾燥ケアを重点的にできる“アルガンオイル”

アルガンオイル

冬場など、特に乾燥が気になってきたら、化粧水前に「アルガンオイル」を、肌にやさしくなじませています。

アルガンオイルは親水性が高く、ステアリン酸が多いという特徴があり、水分をしっかり肌に届けるブースターオイルの代表的存在。

アルガンオイル

個人的には抜群に潤いを感じられるので、オイルが苦手じゃない方にはおすすめ。

ビタミンEが豊富で、シミやシワ対策にもいいのだとか。

アルガンオイル

顔だけでなく髪や身体などマルチに使えるので、全身の乾燥対策に取り入れるのも◎。

オイルでありながらさらっとしたテクスチャでベタベタせず、使いやすいのも大きな魅力です。

john masters organics ARオイル N

john masters organics「ARオイル N」4,900円(税別)

わが家で愛用しているのはジョンマスターオーガニックの「ARオイル N」と、

無印良品 アルガンオイル

無印良品「アルガンオイル」1,790円(税込)

無印良品の「アルガンオイル」。

特にジョンマスターオーガニックのオイルは自分的ベストコスメでとにかく大好きな1本です。

無印良品 アルガンオイル

まずは手頃にブースターオイルを試してみたいなら、無印良品もおすすめですよ。

以上、わたしが導入液として化粧水前に愛用しているアイテム5本を紹介しました。

もし気になる一本があったならぜひチェックしてみてくださいね!

おまけ:ハトムギ化粧水も使えるよ

ナチュリエ ハトムギ化粧水

ナチュリエ「ハトムギ化粧水」

ちなみに愛用している方も多い「ハトムギ化粧水」も、導入液として使えるのだそう。

ナチュリエ ハトムギ化粧水

おすすめはコットンパック

夏はハトムギ化粧水を使っていたけれど、秋冬はちょっと物足りない……なんて方は、冬は導入液として使い、そのあとに保湿力高めの化粧水をプラスしてみるのもいいかもしれません。

導入化粧液[無印良品]
Invisible Peeling Booster[CNP Laboratory]
タカミスキンピール[TAKAMI]
ARオイル N[john masters organics]
アルガンオイル[無印良品]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking