山田卓立

山田卓立

26

コーヒー好きの我が家で、もう何年も愛用しているコーヒーツールがスタンレーの「真空コーヒーシステム」です。

コレひとつでおいしいコーヒーを飲むための準備がすべて整うので、普段使いはもちろん、キャンプでも大活躍のツールです。

コーヒーを飲むためにすべてのツールがスタッキング

STANLEY

見ての通り、このコーヒーシステムはコーヒーを飲むためのツールがすべてひとつにスタッキングされているのが一番の魅力です。

STANLEY

「お湯を沸かす」、「保温する」、「プレスする」、「注ぐ」、「飲む」のすべてが凝縮されています。順を追って説明していきます。

STANLEY

まずは、「お湯を沸かす」。取手付きのサーバー(写真上/左)はこのまま直火でバーナーにかけることができ、8分目で1.2L程度の容量です。

出先でお湯を沸かすこともできますし、それがかなわない場合はメインのボトル(写真下)内に沸かしたお湯を入れて、持ち運ぶこともできます。

STANLEY

メインのボトルは真空構造で、フタにラバーがついているので保温効果も長くて安心です。

キャンプのときでも、寝る前に熱湯を注いでおくと、翌朝まで温かく、そのまますぐにコーヒーが飲めるので、かなり重宝しています。

コーヒー豆のストレージもカップもひとつに!

STANLEY

フタには、豆用のストレージと2つのカップが格納されています。

うちでは、コーヒー豆のストレージ(写真上/左)には、あらかじめ挽いた豆を入れています。

当初、「コーヒー豆はやっぱり挽きたて!」とこだわっていたのですが、手間とこのコーヒーシステムひとつに完結されることを優先して、挽いたものを持ち運ぶようになりました(出先で手動のグラインダーを使うのが面倒なだけですが……)。

STANLEY

70〜80gは入るので、大人数でも十分に対応できるサイズ感です。

プレスして注ぐ。ほかにもいろんな使い方が

STANLEY

あとは、挽いた豆をサーバーに入れて、お湯を注ぎ、フィルターを押し下げる(濾す)だけ。

そのままフタとして使っているカップに注げばいいので、コーヒーを飲むためのすべて工程をこれひとつで賄える、というわけです。

STANLEY

あと、個人的に気に入っているのが「STANLEY」の旧ロゴです。直接火にかけているので、味も出てきました。大きい方が1L、小さい方が0.5Lです。

STANLEY

ちなみに、キャンプでの登場シーンはコーヒーだけではありません。

パスタや蕎麦を作る際もフレンチプレスしています(笑)。

直接火にかけられて、水も切れるので「大きい鍋は洗うの面倒くさいな」とか「わざわざザルを持っていきたくないな」とか、アウトドアシーンで大活躍の逸品です。

コレひとつで沸かす・抽出・飲む・保温の4役を果たすスタンレーの「真空コーヒーシステム」で、どこでもおいしいコーヒーが飲める幸せを味わってみませんか?

あわせて読みたい:


山田卓立

エディター/ライター。1986年生まれ、神奈川県鎌倉市出身。海よりも山派。旅雑誌、ネイチャーグラフ誌、メンズライフスタイルメディアを経て、フリーランスに。現在はキャンプ、登山、落語、塊根植物に夢中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking