小池田

小池田

9

いまの季節、乾燥が気になるのは顔だけでなく身体もおなじ。

毎年ボディクリームやボディオイルなどいろいろ試してきましたが、今年選んだのは……。

独特の香りに癒される

UNIVERSELLE BULY A PARIS「レ・ヴィルジナル」5,300円(税別)

こちら、UNIVERSELLE BULY A PARISの「レ・ヴィルジナル」というボディミルク。

BURYは1803年にフランス・パリで創業され、200年経ったいまも総合美容薬局として親しまれるブランド。

SNSや雑誌でも見かけることが多く、ずっと使ってみたいな〜と思っていたアイテムだったんです。

特徴は、なんといってもその香り。

7種類の香りから私が選んだリケン・デコスは“グリーンと鉱物のベースに苔とガルバナムを加えた香り”らしく、たしかに雨に濡れた森林のようなにおい……!

ボディクリームって人工的な香りのものも多いですが、これはかなり本格的。

いままで嗅いだことのないような、でもとってもいい香りで心身ともに癒されます。

ベタつかないのにしっかり保湿

手にとってみると、重厚なボトルに反して軽い質感

塗り広げるとさらりと肌になじみ、それでいてしっとりと保湿してくれます。

ベタつかないのでお風呂上がりに使ってもすぐパジャマが着られるし、不快感がありません。

とはいえ、疲れてゆっくりボディケアする余裕がない……なんて日だってもちろんあるのが正直なところ。

そんな日はサッと塗れるビオレに頼って、自分を丁寧にいたわってあげたい日はBULYというふうに私は使い分けています。

持っているだけで気分が上がる

それにしても、美しいボトルは置いておくだけでテンションが上がる……。

ちなみにポンプヘッドが付属しているので、付け替えることで毎日使いやすくなりますよ。

価格はすこし張りますが、その価値をたしかに感じるBULYのボディミルク。

毎日使うものだからこそ、スキンケアやボディケアは妥協せず、気に入ったものを選びたいです。

日本にも直営店やオンラインストアがあるので、自分へのご褒美にぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

レ・ヴィルジナル[UNIVERSELLE BULY A PARIS]

あわせて読みたい:


小池田

フリーランスの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking