Commerce

7

部屋の壁一面や天井などに映像や写真を映し出せるプロジェクター。最近は、PCやDVDプレイヤーとの接続に加えてスマホとの接続によってあらゆるアプリを大画面で楽しめる製品なども増えています。

用途や部屋の大きさなどによって選ぶべき製品は大きく異なりますので、今回は家電選びのプロとして活躍する安蔵靖志さんの監修のもと、「家庭用プロジェクター」を選ぶために押さえておきたい情報をお伝えします。

後半では、家庭用におすすめのプロジェクターを厳選して紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

安蔵靖志(あんぞうやすし)さん
デジタル家電や生活家電に関連する記事を中心に執筆業を展開。また、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など各種のメディアにも出演。 一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)。

■ 目次

プロジェクターとは?家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの違い

プロジェクターの選び方
・視聴環境で選ぶ
・視聴目的で選ぶ
・家族構成で選ぶ
・投影方式で選ぶ
・価格で選ぶ

おすすめプロジェクター10選

◎価格で探す
・安くてお手頃な小型プロジェクター
・高額だけど本格派なプロジェクター

◎ニーズで探す
・ネット動画をスマホ連携して観たい
・機械の操作や配線が苦手
・外にも持ち運んで使いたい

まとめ

家庭用のプロジェクターとは?ビジネス用との違い

YouTubeやAmazonプライム、Netflixなどの動画サービスの普及によって、ホームシアターなどの家庭用として、プロジェクターを購入される方も増えてきています。

家庭用のプロジェクターを探す前の予備知識として、ビジネス用との違いを押さえておきましょう。

使用目的 重視したい要素
家庭用プロジェクター 自宅で、家族と一緒に映画やLVIE映像を楽しむ 解像度の高さ
ビジネス用プロジェクター 商談や打ち合わせの際に、提案内容などを説明する。 映像の明るさ、本体の重さ(持ち運びの場合)、バッテリー駆動時間

【解説】
家庭用でもビジネス用でも、解像度の高さや映像の明るさにどこまでこだわるかは個人差がありますが、映像の美しさや鮮明さを求めるならば「解像度の高さ」を重視するとよいでしょう。

この解像度で注意しておききたいのは、「フルHD対応」「4K対応」などと謳っているモデルでも、実際の解像度はそれよりも低い製品があるということです。たとえば、入力映像はフルHDに対応しているのにスクリーンに映し出された映像などは解像度が低い製品も存在します。これは、入力映像と「パネル解像度」と呼ばれる出力映像の解像度に違いがあるためです。このパネル解像度の数値(映像の縦・横サイズ)が大きければ大きいほど、映像の品質は高くなります。

ちなみにビジネス用のプロジェクターは、大きな会議室などで明るく、くっきりと資料などを投影できるものが最適とされていますので、明るさを表わす「ルーメン」という数値が高い傾向があります。そのため、パネル解像度の数値が高かったとしても家庭用として使うには明る過ぎる場合もありますので注意が必要です。

具体的な数字でいうと、ビジネス用ではルーメンが4,000以上のモデルが目立ちますが、家庭用は2,000以上ならば映像の品質にも満足できるでしょう。

家庭用プロジェクターの選び方

・視聴環境でプロジェクターを選ぶ
ご家庭でプロジェクターを使う場合は、映像を投影する部屋の大きさから画面のサイズ(インチ)と、投影距離をチェックしましょう。

たとば、画面のサイズが最大で100インチほどであれば、さまざまな部屋に適応できますので家の中での持ち運びやアウトドア先での利用も可能になります。ただし、広いリビングの壁いっぱいに投影したい場合には最大サイズはそれ以上が必要な場合もあります。

また、広くない室内での鑑賞をメインとする場合には、「投影距離」も確認しておきましょう。たとえば、子ども屋やバスルームなどコンパクトな室内でも使用できる投影距離が短い0.8mに対応した製品でも60~80インチ(画面横幅:約132~約176 cm)の映像を投影することができます。

・視聴目的でプロジェクターを選ぶ
何を視聴するかによっても最適なプロジェクターは異なります。映画やLIVE映像をよく観る方であれば、投影サイズやスピーカーの有無が重要な選定基準となります。最大どれほどのインチまで視聴できるのか、Bluetoothなどを使って外部のスピーカーとの接続ができるのかなどをチェックしてみてください。

一方、ドラマを観る場合には、俳優や女優さんなどの演者の表情などがしっかり見えるように解像度が高いプロジェクターを選ぶことをおすすめします。

・家族構成でプロジェクターを選ぶ
お子さんや高齢の方がいる家庭など複雑な機械の操作を避けたい場合は、自動補正付きで簡単に投影できるプロジェクターがおすすめです。また、Wi-Fi接続ができてスマホから直接プロジェクターに連携してYouTubeやAmazonプライム、Netflixなどが楽しめるものがいいでしょう。

・投影方式でプロジェクターを選ぶ
プロジェクターの投影方式は、液晶方式、DLP方式、LCOS方式の3つに分けられます。投影方式で製品価格や性能がかなり変動するので、予備知識としてしっかりチェックしておきましょう。

概要 メリット デメリット
液晶方法 プロジェクターから発する光を赤・緑・青の三原色に分解してからスクリーン上に拡大投射する方式。【用途】安価なモデルからスタンダードなモデルまであり、製品の選択の幅が広い。 価格が安い。鮮やかな映像を楽しめる。 映像のなかで「黒」がややグレーがかって見える傾向(黒浮き)がある。あまりコントラストを高くできない。※近年では性能が大幅にアップし、デメリットをカバーしたモデルも登場してきている。
DLP方式 微細な反射型ミラーを使用し、光の反射角度により映像などの表示を行う方式。【用途】 スマホサイズのポケットプロジェクターや価格が安いプロジェクターなど。 コントラストが高い映像表現が特徴。構造がシンプルで小型化しやすい。塵や埃の影響を受けにくく、経年劣化が少ない。 RGBの切り替えにより映像に虹のような模様がみえることがある(レインボーノイズ)。※業務用のハイエンド機などではRGB各色を連続投影するため色割れは起こらない。
LCOS方式 表示パネルに反射型の構造を用いた液晶式の進化系といえる方式。【用途】ホームシアター用プロジェクターの高級機やビジネス用途では医療用向けのプロジェクターなど。 高解像度でコントラスト比に優れていて高性能。4K対応プロジェクターなど高解像度化、ネイティブコントラストが高い。 構造が複雑でプロジェクター本体サイズも大きくなりやすい。価格が高い。

・価格でプロジェクターを選ぶ 
10,000円以下で購入できるプロジェクター多くもありますが、その場合は出力される解像度が低い製品も多いため、大きく鮮明な映像を楽しみたい場合は10,000円以上のご予算になってくることが考えられます。

さらに内臓スピーカーの機能性などによっても価格は大きく異なってきます。ここまでにご紹介した選び方を参考にして、どのような機能を重視するかを踏まえて選びましょう。

家庭用におすすめのプロジェクター10選

安くてお手頃な小型プロジェクター

DR.J 小型プロジェクター 4200ルーメン【ネイティブ720P】

4,200ルーメンの明るさと2,000:1のコントラストで鮮明に投影できる、小型のプロジェクターです。一般的な小型プロジェクターの解像度は480Pですが、こちらの製品はリアル720Pまで改良され、1,080PフルHDの画像と映像にも対応。

また、台形補正機能が上19度、下10度の調整ができ、最大170インチの大画面での投影が簡単に行え、高品質の音楽や映像を楽しめます。

HDMI、USB、マイクロSD、AV、VGA端子が搭載されているので、音楽や動画などのマルチメディア、パソコン、スマホ、タブレット、ブルーレイ/DVDプレイヤー、PS4など、幅広い互換性であらゆる機器に対応できるので、初めて購入するプロジェクターとしてもおすすめです。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・HDMI、USB、マイクロSD、AV、VGA端子を搭載し、汎用性が高い
・台形補正170°なので機械操作が苦手でもカンタンに投影可能
・天井設置や三脚の取り付けにも対応

サイズ 311×200×107mm
消費電力 ★★★☆☆
明るさ 4,200ルーメン
スピーカー有無 あり ※2つ
解像度 720p
投影距離 2.5〜3.5m


ELEPHAS 小型 プロジェクター LED 4200ルーメン 1920×1080最大解像度【2020最新版】

投影距離が0.8m~となっているコンパクトな部屋で大活躍の小型プロジェクターです。4,200 ルーメンの明るさと高コントラスト比で鮮明な映像を実現し、投影サイズは30インチから最大では200インチの大画面まで自由に調節できます。

AV、VGA、USB、HDMIなどの主要な入力方式に対応しており、Fire TV Stick、Roku Streaming Stick、ノートPC、Blu-Ray DVDプレイヤー、PS3、 PS4、Xbox、TV boxなどさまざまな機器と接続し、映画やLIVE映像を楽しむことができます。

なお、最新の冷卻システムを採用し、ファンの音を高品質のノートPCのレベル抑制しており高い静音性を実現し、鑑賞中の稼働音などが気になる心配はありません。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・小型ながら4,200ルーメンと高コントラスト比で鮮明な映像を投影可能
・最長50,000時間という長寿命のLEDランプを採用
・最新の冷却システムにより高い静音性を実現

サイズ 201×140×70mm
消費電力 ★★★☆☆
明るさ 4,200ルーメン
スピーカー有無 あり ※2つ
解像度 840×480
投影距離 0.8~4.8m


高額だけど本格的なプロジェクター

YABER プロジェクター 7000ルーメン

7,000ルーメンという明るさを実現したLEDランプと86mm大口径ガラスレンズを搭載し、映像の中心部だけでなく全体がしっかりと鮮明に投影できるのが特徴。リモコンで簡単に±50°(タテ/ヨコ)台形の調整ができ、ズーム機能もあるので、スクリーンの投影範囲にあわせて緻密に設定できます。

また、独自の冷却システムにより3ファンが同時に動作して本体を冷却し、他の1ファンだけがある小型プロジェクターより放熱効果が良く、本体の使用寿命も延びています。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・3万円以下で買えるフルHDプロジェクター
・ドルビーサラウンド対応の2つのHIFIステレオスピーカーを内蔵
・AV/VGA/USB/HDMIなどの入力端子にてさまざまな機器との接続が可能

サイズ 400×320×155mm
消費電力 ★★★★☆
明るさ 7,000ルーメン
スピーカー有無 あり HiFi高音質スピーカー(2個)
解像度 1920×1080P
投影距離 最短1.5m~


EPSON dreamio ホームプロジェクター(2500000:1 2000ルーメン)

エプソン社の3LCD方式の家庭向けに開発されたプロジェクター。3LCD方式に加えレーザー光源採用。4つのカラーモードを搭載し、ダイナミック・ブライトシネマ・ナチュラル・シネマをシーンに応じて選択可能。小型ながら観る動画にあわせて、最適な映像を楽しめます。

また、Amazon Fire TV StickやGoogle Chromecastなどメディアストリーミング端末を挿すだけでネット配信の映画や海外ドラマなどのコンテンツを楽しめるので機械操作が苦手な方にもおすすめです。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・メディアストリーミング端末を挿すだけでカンタンに利用できる
・4つのカラーモードでシーンに応じて最適な設定ができる
・3LCD方式に加えレーザー光源採用で明るい高画質な映像を楽しめる

サイズ 292×290×194mm
消費電力 ★★★★☆
明るさ 2,000ルーメン
スピーカー有無 なし
解像度 WXGA
投影距離 0.91~2.33m ※3.40mまでを推奨


ネット動画をスマホ連携して観たい人におすすめのプロジェクター

POYANK データプロジェクター(4,000ルーメン WiFi接続可)

スマホやタブレットからWi-Fi接続でプロジェクター連携できる小型のプロジェクターです。Fire TV StickまたはRoku Stickを使用すれば、HDMI接続経由でAmazonプライムビデオ、Netflix、Huluなどを楽しむことができます。

小型ながら、4,000ルーメンの明るさのLEDランプを搭載し、1080P対応の高解像度の映像を楽しめます。マニュアルフォーカスすると、投影された画像サイズは32~170インチまで調整することができ、お部屋の大きさにあわせて自在にチューニングできます。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・3万円以下で買える4K対応のプロジェクター
・スマホ、タブレット、PC、DVDプレイヤー、ゲーム機など複数のデバイスに対応
・HDMI接続経由でAmazonプライムビデオ、Netflix、Huluなども楽しめる

サイズ 400×320×155mm
消費電力 ★★★☆☆
明るさ 4,000ルーメン
スピーカー有無 あり HiFi高音質スピーカー ※2つ
解像度 800×480
投影距離 0.8~4.8m


ELEPHAS 小型 Wifiプロジェクター

スマホからWiFi接続もしくはケーブル接続で連携できる小型プロジェクターです。4,600ルーメンのLEDを搭載し、840×480、1080pの解像度と3000:1の高コントラスト比により明るく鮮明な映像が楽しめます。

また、最新の冷卻システムが採用しており、プロジェクター本体のファンの稼働音が抑制され、静音性に優れています。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・4,600ルーメンの明るいLEDランプを搭載し、クリアな映像を実現
・AV、VGA、USB、HDMIなどの入力方式に対応し、複数のデバイスが利用可能
・冷却システムにより高い静音性を実現

サイズ 201×140×70mm
消費電力 ★★★★☆
明るさ 4,600ルーメン
スピーカー有無 あり
解像度 840×480
投影距離 0.8~4.8m


機械の操作や配線が苦手な人におすすめの家庭用プロジェクター

XGIMI MOGO 210ANSIルーメン Android TV搭載 ポータブル コンパクト 小型 プロジェクター

4K対応のDLPプロジェクターです。ANSI(アンシ)ルーメンと呼ばれる均一な明るさを表わす単位がありますが、そちらが210 ANSIルーメンとなっており、はっきりした鮮明な画像を映し出します。また、ハーマンカードン社のデュアルスピーカーを内蔵しており、GoldenEarテクノロジーによりパワフルなサウンドも映像も音楽も共にハイクオリティーを両立したハイエンドな製品。
また、特許取得済みの「スマート台形補正」やオートフォーカス機能により、画面が垂直および水平方向に±40度以上調整され、難しい設定がいらず、機械の操作が苦手な方でも快適に映像を楽しむことができます。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・210 ANSIルーメンではっきりした鮮明な映像
・Android TV 9.0・Googleアシスタント対応し、動画やアプリのゲームも楽しめる
・ハーマンカードン社スピーカーによるパワフルなサウンドを実現

サイズ 476×476×145mm
消費電力 ★★★★☆
明るさ 210 ANSIルーメン
スピーカー有無 有 HiFi高音質スピーカー
解像度 960×540
投影距離 不明


ポップインアラジン2 プロジェクター付きシーリングライト/高音質スピーカー

オシャレなデザインとお部屋の天井にカンタンに設置できる利便性で注目されたプロジェクター「ポップインアラジン」の後継機となる最新プロジェクターです。
改良点として、HDからフルHDに変更。短焦点レンズを搭載することで4畳の部屋でも60インチ~(設置距離1.2m)の大画面を投影することができるように進化。また、画面の上下調整もこれまでの18度から32度へと広がったことで、壁に梁や柱がある場合も綺麗にフィットした大画面を投影できます。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・初代モデルでは36通りだった調光・調色も明るさが100段階、色味も100段階に改良
・世界中でファンの多いハーマンカードン社のスピーカーを2つに分離して内蔵
・場所をとらない天井設置式プロジェクター

サイズ 476×476×145mm
消費電力 ★★★☆☆
明るさ 700 ANSIルーメン
スピーカー有無 あり ※2つ
解像度 1920×1080(フルHD)
投影距離 0.85~2.09m


外にも持ち運んで使いたい人におすすめのの家庭用プロジェクター

AOFU ミニ プロジェクター 小型 ホームシアター 1,080P対応 DLP搭載

4K対応で150ANSIルーメンの明るさを実現した、手のひらサイズのプロジェクターです。キーストーン補正を搭載し、110インチの大画面と45°台形画面の自動補正機能により、映画館のように迫力のある鮮明な映像を自宅で楽しめます。

また、4300mAh大容量バッテリー搭載し、最大2.5時間の再生できるので、屋外で投影できる場所に持ち出して鑑賞することもできます。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・350mlの缶のような携帯性に優れたデザイン
・Wi-Fi接続とHDMIケーブル接続であらゆるデバイスに対応
・UディスクとTFメモリカードを介し、複数のメディアを再生可能

サイズ 171×145×94mm
消費電力 ★★★☆☆
明るさ 150 ANSIルーメン
スピーカー有無 なし
解像度 720p
投影距離 1~3m


Anker Nebula Capsule II(世界初 Android TV搭載 モバイルプロジェクター)

米国のクラウドファンディング「Kickstarter」にて、1.8億円以上の支援金を集めたポータビリティプロジェクターです。世界で初めてAndroid TVを搭載したモバイルプロジェクターであり、YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney Theatre、TVer、Abema TV、DAZN 等の5,000以上のアプリを楽しむことができます。小型のプロジェクターですが、先進的なDLP投影技術により、最大100インチの大画面まで投影でき、前モデルのNebula Capsuleよりも明るさが2倍の200ANSIルーメン、解像度が1.5倍の720Pに進化しています。

【このプロジェクターのココがおすすめ】
・超小型で持ち運びやすいデザイン
・YouTubeやAmazonプライム、Netflixなど5,000以上のアプリに対応
・200ANSIルーメン、720Pの解像度で映像を楽しめる

サイズ 400×320×155mm
消費電力 ★★★☆☆
明るさ 200ANSIルーメン
スピーカー有無 なし
解像度 720P
投影距離 0.8~4.8m


まとめ

プロジェクターは視聴環境や観る動画の内容によって、求めるスペックや欲しい機能が大きく変わってきます。近年では4,000ルーメン以上の明るいプロジェクターが増えてきていますが、家庭用としてリビングなどでの視聴であれば2,000ルーメン以上なら十分でしょう。解像度などの数値では映像がイメージしにくい場合もありますので、製品メーカーのサイトやYouTubeにアップされている実際に使用している動画などを探してみるのもよいでしょう。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking