Qurumu

2

刃物は、使っているうちに切れ味が悪くなっていってしまいます。

そこで1つ持っておきたいのは、シャープナー

でも、刃物っていろいろな種類がありますよね。

そこで今回は、包丁などの刃物から釣り針まで研げるるうえに、アウトドアで使える機能が満載のマルチツールなシャープナーをご紹介します。

さまざまな刃物を研ぐことができる

Image: Amazon.co.jp

SHARPAL®の「101N ポータブルナイフシャープナー」は、素早く刃を研ぐタングステン鋼のカーバイドブレードや、刃の粗さを取って滑らかに仕上げるセラミックブレードに加え、ギザギザの刃や先が曲がった刃に対応するテーパードダイヤモンドロッドも搭載されています。

この1台で包丁や果物ナイフはもちろん、斬骨刀や鋸歯状ナイフも研げるそう。

しかも、テーパードダイヤモンドロッドには溝がついていて釣り針まで研げるのだとか。

アウトドアや災害時にも重宝しそう

Image: Amazon.co.jp

101N ポータブルナイフシャープナー」は、火打ち石救助ホイッスルも搭載されています。

火打ち石は、強風のときや濡れている場所でも火をおこせるので、暖を取るのに便利ですし、緊急信号としても役立つとのこと。

救助ホイッスルとあわせて、アウトドアで万一遭難したときのほか、災害時にも助かりそうです。

持ち運びに便利なコンパクトサイズ

Image: Amazon.co.jp

101N ポータブルナイフシャープナー」は、全長約9cm×高さ約3.7cmで、重量は約43gとのこと。

コンパクトなうえ、ストラップホールが付いていて首などにぶら下げられるので、楽に持ち歩けますね。

Amazonのレビューでは、「山仕事、キャンプなどに持って来いの逸品!お勧めです!!」「火花も申し分無く飛ぶし、火花の飛ぶ位置が1か所なので、とても着火が楽です」といった高評価がありました。

SHARPAL®の「101N ポータブルナイフシャープナー」があれば、キャンプをはじめ、刃物をササっと研げて重宝しそうです。

おひとつ、アウトドアツールの仲間に加えてみてはいかがでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

SHARPAL®「101N ポータブルナイフシャープナー」 [Amazon]

あわせて読みたい:

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking