ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

21

「やさしい肌生活」特集では、多くのライターによるレビューや、新商品などたくさんのアイテムを紹介していますが、気になるもの見つかりました?

さて、そんな中で編集部員がふだん愛用しているスキンケアアイテムを紹介します。

人気ブランドから、知る人ぞ知るブランドまで、それぞれ愛着や使用感をレポート。2回に分けてお届けします。

編集部員・浅田が愛用中!
アトピーに悩み、諦めていた中での救世主

john masters organicsのARオイル

私が圧倒的な信頼を寄せており、一生ストックを切らさないと決めているアイテムはjohn masters organicsの「ARオイル (アルガン) 59mL」

約2年前、首のひどいアトピーに悩まされていた私は、保湿をしないといけないのに、何かを塗るとすぐにかゆくなってしまうので、本当にどうしようもない状態でした。

肌荒れが治った今は愛用中のニベアも塗った瞬間かゆくなるからNG、低刺激といわれるハトムギ化粧水もNG、その他、何を塗っても、塗っても、ああかゆい……。

そんなときに、誕生日プレゼントに、john masters organicsの「ARオイル (アルガン) 59mL」をいただき、成分が人の皮脂に近いと聞いて、それなら低刺激そうだなと塗ってみたのがはじまり。

塗ってもかゆくならないことに感激しましたし、すぐに乾燥する感じもせず、ARオイルを塗ってからステロイドの薬(ベトネベート)を塗るということを2週間ほどつづけた結果、真っ赤に荒れていた首が、完全にキレイに。

今でも化粧水前の導入液や毛先のケアオイル、全身にとマルチに活用しており、オイルですがサラサラでベタベタしないので、オイル嫌いの友人にもおすすめしています。

副編集長・鈴木が愛用中!
コスパはいいのか、悪いのか。目下悩み中です

スキンケアアイテム

左/N.M.Fアクアリングアンプルマスク、右/ヒアルロンアクア アンプルマスクJEX

メンズ用含めて、数々の化粧品、美容液、乳液を試しました。

高いもの・安いもの、その時々で、効果が高かったもの、まったく効果がなかったものなどさまざまありますが、いずれにしても、長く使用していると肌が慣れてくるのか、結果的に合わなくなります。

メディヒールの「N.M.Fアクアリングアンプルマスク」と「ヒアルロンアクア アンプルマスクJEX」のシートマスクは、その中でも長期的に使える安定感があります。常に95点程度の結果を出してくれるので、なんなら毎日使いたい。

1枚300円程度。これまでは高価だなぁと感じましたが、他のコスメグッズをすべて辞めて、これ1本に絞るという選択肢でも良いのではと思っています。

であれば、毎晩1枚使用するとして、月9000円程度。いや、これでも高いかな……絶賛悩み中です。

編集部員・岩澤が愛用中!
「乾燥性敏感肌」でも安心の拭き取り化粧水

クリニークのクラリファイングローション1.0

乾燥性敏感肌のわたしの場合、スキンケアでもっとも重視していることは「とにかく肌に刺激を与えないこと」。どんなに保湿力や洗浄力にすぐれていても、肌に負担をかけてしまうようであれば元も子もないと思っています。

そんな中で課題に感じていたのが、「黒ずみ」や「くすみ」の原因を除去するための角質ケア。洗浄力が強すぎたりアルコール成分が入っていると、それが原因で乾燥・肌荒れしてしまうことも……。

それでもしっかり角質ケアしたい! という念願を叶えてくれたのが、クリニークの「クラリファイングローション1.0」なのです。

これ、何がすごいって、アルコールフリーで肌に負担をかけない、かつ、しっかりくすみを除去して、パッと明るく透明感のある肌に導いてくれるところ。

口が大きくドバドバ使えるので、使うときは贅沢に、2枚がさねのコットンがひたひたになるくらい含ませてからやさしく拭き取ると、摩擦が軽減されて低刺激。

スキンケアの浸透力も高めてくれるので、週に1~2度、パック前などに使うスペシャルケアとして重宝していますよ。

編集部員・野口が愛用中!
使い心地は最悪。それでも使い続ける価値がある

The OrdinaryのビタミンCクリーム

カナダ発のスキンケアブランド「The Ordinary」の、ビタミンCクリーム

「The Ordinary」は徹底的に無駄を省いて、必要な成分だけをしっかり配合し安価に提供することを目指しているブランドですが、パッケージがミニマルだったり、製品名がほぼ成分表示みたいになっているのが潔くてカッコいいな……と思っています。

OrdinaryのクリームはビタミンCを23%も配合しておきながら、販売代理店のない日本から輸入しても1500円ぐらいで買えてしまう(カナダ本国だと数百円で買えるらしい)のが大きな特徴。

安さが理由なのかわかりませんが、正直言って使い心地は最悪です(笑)。

刺激強めの製品のため、(向き不向きがあるようですが)自分の場合はかなり染みて、使うたびに数十秒間ほどバチバチに肌が痛みます。

使うたびに痛みに悶え苦しむ必要がある上に質感も最悪ですが、これを使った翌日は肌の調子がすこぶる良いのもまた事実

肌のモチモチ感が増して、トーンアップ効果もなんとなくあるような気もします。

そのためなかなか手放せず、毎晩お風呂上がりに苦行のようにこのクリームを塗っています。使う人を選ぶ過激派スキンケアアイテムです。
*人によってはあまりに刺激が強すぎて肌に異常がでてしまう場合もあるかと思うので、最初はほんの少量で試してみることをおすすめします。

編集部員・小池田が愛用中!
世界中で5秒に1個売れているクリーム

毎年、ひどく乾燥するこの季節になると必ず使いはじめるのがキールズのUFC

定番のクリームですが、それも納得の保湿力!

乳液のような軽い質感で、塗ったあとは肌がふっくら。そのうえベタつかないのも毎日使いやすくてうれしい……。

ひととおりスキンケアが終わったら最後にこれを塗って寝ると、粉をふくほどカサカサになった肌も落ち着いてくれるんです。

年間を通して販売されているアイテムですが、今の時期はホリデー仕様のパッケージになるのも気分が上がってお気に入り。切らしていると不安になるほど頼りになるクリームです。

編集部員・田口が愛用!
目の下のクマが取れて、健康的な表情に!

DTRTのGET READY BBクリーム

韓国のメンズコスメブランドDTRTの「GET READY BBクリーム」。10代の頃から目の下のクマができやすく、睡眠時間を長くしたりマッサージをしてもとれないことが悩みでした。

しばらくが諦めてそのままにしていたのですが、取材先で初めてお会いした人に「随分お疲れのようですが……」と心配されたのがショックで、なんとか改善策を考えるように。

そこでたどり着いたのが、メンズ向けのBBクリームだったというわけです。根本的な改善がされるわけではありませんが、目の下に少量をつけて伸ばすだけで、紫がかった自分のクマが一瞬で目立たなくなったことには感動さえ覚えました。

実はBBクリームを数本購入してみたのですが、根っからのインドア派で日に焼けない自分の白めな肌に一番馴染んだのがこの1本でした。
コンプレックスだった自分の部位を手軽にカバーできるのって、なかなか快適ですよ。

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking