ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

45

テレワークの広まりに、デスクを整えて作業スペースを確保したり、オンラインミーティングで映り込む部屋を片付けたりと、自分なりの工夫をしている人は多いはず。

そしてそろそろ考えはじめたいのが、より効率をアップさせるための作業環境について。

「今はノートパソコンがあれば十分」と考えている人も、作業のパフォーマンスが上がり、インテリアにもなじむPCモニターがあるとしたら、興味が湧いてくるのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介するのは、PhilipsのフルHD液晶モニター「242E2F/11」。

このPCモニターを仕事だけでなく家族との豊かな暮らしにも役立てているという、東京都江東区にお住まいの冨岡さんご一家の暮らしを覗いてみました。

作業効率とインテリア性を両立した、理想のモニターだから

フルリノベした築40年のマンションに、奥様の由香さん、星之介くん(6歳)、新之介くん(4歳)の4人で暮らす冨岡陽一郎さん。

プロダクトデザインの仕事をしている陽一郎さんならではのセンスのよさが、お部屋のあちこちに散りばめられています。

55㎡、1LDKという間取りは「4人で暮らすにはちょっと狭くて……」と陽一郎さんは語りますが、週3日のリモートワークを快適におこなえるよう、家族みんなで工夫しています。

そんななか、以前から「どうしようかな」と思っていたのがPCモニターのこと。実は、いち早くリモートワークを導入したという陽一郎さんの会社からは、デザイナーたちにモニターの支給が提案されたそう。

「デザイナーという仕事柄、モニターは必需品。ただ、大きくて重いモニターを置く場所もないし、インテリアに合わないという点でもためらってしまって……

結局、会社の申し出は断って、ノートPCとタブレットの2画面で仕事をしています。作業効率とインテリアの両立は、都内や都心部で暮らすデザイナーはみんな抱えている悩みだと思います」(陽一郎さん)

作業効率のためとはいえ、インテリアを損ないたくはない。陽一郎さんが抱えるその悩みを解消してくれたのが、「242E2F/11」。

23.8インチという絶妙なサイズ感で、ワークスペースへの取り入れやすさと作業効率の両方を叶えるスマートなPCモニターです。

「これを取り入れてから、家での作業がすごく効率的になりました。デザインするのも快適ですし、解像度が高くて色も美しいので、ウェブサイトに載せる製品の色見本などをチェックしたりするにもいいですね。

3Dデータを使ってデザインするとき、タブレットだとオブジェクトの輪郭や表面がぼやけたりしてしまって少しやりにくかったのですが、このモニターだとはっきりと滑らかに映し出してくれます」(陽一郎さん)

インテリアに溶け込むのは、薄くてフレームレスだから

送られてきた「242E2F/11」を開封したときの第一印象を「見たことがないぐらい薄くて、正面から見ても美しい」と語る陽一郎さん。

「フィリップスのデザインはトップレベルで、僕も大好きなメーカーのひとつ。この薄さと軽さを実現するためにどんな工夫がなされているか、パーツによって異なるテクスチャにどんな役割を持たせているのかが、手にとるようにわかります

同じデザイナーとして『やるな!』と言いたくなるモニターですね」(陽一郎さん)

242E2F/11」は薄さと軽さの他にも、上下左右すべての辺を極限まで薄くしたベゼルと、高解像度と発色の美しさ、そしてインテリアの邪魔をしないデザイン性が特長です。

背面にはHDMI 、DisplayPort 、VGAの接続端子の他、音声の出力端子が用意されているので、さまざまなデバイスとの接続が可能。

そこに繋がるケーブルやワイヤーがモニターを支えるスタンドの背部にまとめられる設計がなされていて、ゴチャつくことがありません。

ケーブルの取り回しがラクなため、移動もラクチン。日中はリビングにモニターをセットして仕事をし、夕食前にダイニングテーブルを何もない状態にリセットするときには、別室に片づけます。

また、メーカーに勤務してプロダクトを扱う陽一郎さんならではのこんなお話も。

驚いたのが2万円を切っているという価格帯。世界中に展開しているフィリップスでなければできない価格設定だと思います。また、5年保証つきというのも、『安心して使ってほしい』という製品への自信のあらわれですよね」(陽一郎さん)

思い出も、新しい出会いも、家族みんなで共有できるから

快適なモニターによって作業効率が上がると、自ずと家族と過ごす時間が増えていきます。冨岡さんご一家の団欒にも、「242E2F/11」が役立っているようです。

スマホで撮りためた思い出の写真や動画は、小さな画面では見にくく、そのままにしてしまうことが多かったそうですが、この日は星之介くんのピアノの発表会や新之介くんの誕生会の動画をモニターに映して、みんなで大盛り上がり。

「子どもたちはスマホが大好き。顔に近づけて見るので、どうしても目が悪くなるんじゃないかと心配で……。これなら画面が大きいので安心ですし、みんなでモニターを囲んで会話も弾みますね。

今度、このモニターでピアノのコンサートを観ようって約束してるんです。年齢制限もあってコンサート会場に子どもを連れていくことは難しいけれど、オンラインなら一流の演奏家の音楽に触れさせてあげられますし、大人はお酒を飲みながら、ゆっくりとくつろげそう」(由香さん)

テレビの時間は1日1時間と決めているそうですが、「画像が鮮明で色が美しいので、動物や植物といった自然界の映像や映画は見せたいなと思っています」と陽一郎さん。

242E2F/11」は、くっきり鮮明なフルHD画像とNTSC比 97.4%/sRGB比 113.8%の高い色再現で、まるでその場にいるような鮮やかな映像を実現。思い出の家族写真などを美しく映し出します。

このほかにブルーライト低減機能を搭載しており、美しい映像を出力するだけでなく、使う人の目に配慮されているのも嬉しいポイント。

このモニターを取り入れたことで、くつろぎの時間にも良い変化が生まれた様子の冨岡さん家族を見ていると、使う人のアイデア次第でさまざまなメリットを得られるのだと実感させられますね。

仕事だけでなく、家族みんなの時間を大切にしたいから

「インテリアになじむモニターがあるなら、ぜひ取り入れたい」と考えていた陽一郎さんの理想を見事に叶えてくれたPCモニター「242E2F/11」。

デザイン性と確かな機能に、5年保証という安心を兼ね備えたこのモニターを迎えたことで、陽一郎さんの仕事がはかどるようになっただけでなく、写真や動画、映像を観たり、趣味の楽しみを広げたりと、冨岡さんご一家にさまざまな豊かさを連れてきてくれました

快適なテレワーク、そして豊かなおうち時間のために、「242E2F/11」は新たな変化をもたらしてくれそうです。

242E2F/11 [Philips]

Sponsored by MMD Singapore日本事務所

Text by Rie Omori
Photographed by Kenya Chiba

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking