Interview_waka_top_fin2

モデル、ヨガ講師として、幅広く活躍する野沢和香さん。前編では、20代に出合ったサーフィンや日々に幸せを感じるための“自分褒め”について聞きました。

後編では、ディレクターを務めるBAYFLOWのウェルネスインブランド「HEREIAM(へレイアム)」について。また、野沢さんが「わたしのメンター的な存在」というヨガについて伺います。

スポーツから受けた恩恵を社会に還元したい

wakanozawa_067
実力派のヨガ講師としても活躍する野沢さん。ヨガのプラクティスを中心にした自身のYouTubeチャンネルは開設後わずか9ヶ月現在で登録者1.7万人超え。

ヨガ講師としてヨギーニ(ヨガ愛好者)からの信頼も厚く、ヨガの専門誌で連載も持つ野沢さん。アパレルブランドとのコラボ経験はあったものの、一からブランドを立ち上げたのは「HEREIAM(へレイアム)」が初めてとのこと。スタート当初から、アイテムの品切れが続出するほどの人気を集めています。

「わたしにとってサーフィンやヨガといったスポーツは、健康な心と体を維持するためになくてはならないもの。スポーツから受けた恩恵を社会に還元したいという思いで、『HEREIAM』を立ち上げました。

スポーツをするとき、女性にとってファッションも重要だと思うんです。機能性もファッション性も兼ね備えたウェアで、女性のスポーツ人口を増やしたい。まずは、多くの女性に体を動かすことを好きになってほしいというのが、このブランドに込めた願いです。直感的に『かわいい! 着たい!』と思ってもらえるデザインを大事にしながら、わたし自身がヨガを10年以上やっているので、その経験を生かした着心地や素材も『HEREIAM』で追求、実現したいと思っています」

スポーツをする女性のそばに、ずっと変わらずに存在したい

wakanozawa_310
「HEREIAM」はスポーツや自然を愛する女性たちのため、肌触りや着心地の良さを追求。この日着用してくれたワンピースも「柔らかさに包まれる」ような着心地。「【HEREIAM】MIXブークレマキシワンピース」¥12,100 税込(HEREIAM)

『HEREIAM』は、「Here I am」「私はここにいる」という言葉が語源です。どんな意味が込められているのでしょうか。由来を伺うと、野沢さんの人柄が感じられるストーリーが。

「スポーツを始めると一時は熱中するものの、忙しかったり飽きてしまったりで、休止することもあると思います。時間を置いてまた始めてみようと思ったとき、以前使っていたブランドのウェアがあると嬉しいし、安心しませんか? 『HEREIAM』というブランド名には、スポーツを愛好する女性のそばに『ずっと変わらない存在でいたい』という気持ちを込めました」

wakanozawa_034

「また、わたし自身、これまで悩みや問題を感じると、状況が悪かったのかなど、答えを外側に探しがちでした。それが、ヨガの瞑想が身についてから考え方がガラリと変わったんです。瞑想で自分の心を静かに見つめると、内側から『Here I am』と語りかけてくるような感覚があります。大切なものは自分がもっている、答えは常に自分の内側にあることに気づきます。

ヨガや瞑想で感じる温かい感覚『大切なことは、すべて自分の中にある』ということを、ブランド名に乗せて伝えたかったんです。ウェア同様に、ブランド名に込めたメッセージも愛してもらえたら嬉しいですね」

nozawa_waka_were
ヨガ指導歴10年以上の野沢さんは、デザインにも動きやすさにも、そして肌触りにも徹底的にこだわる。「少しでも着心地の悪い素材は和香さんが絶対に縦に首を振らないので(笑)、素材集めには本当に時間がかかりました」とスタッフの方。左上:「【HEREIAM】カップ付きカラーストラップキャミ2 」¥8,250 税込、左下・右下:「【HEREIAM】コンプレッションレギンス」¥8,690 税込 、右上:「【HEREIAM】裾メッシュブラトップ」 ¥ 6,490 税込 (すべてHEREIAM)

心に自分のネガティブさを許すスペースを作り、一緒に連れて生きる

私たちと同じように、時に悩みながら毎日を一歩ずつ歩いてきた野沢さん。今の野沢さんが発する心地よいバイブス、本質的な美しさの根幹には、野沢さんが気持ちよく生きるために続けてきたサーフィンとヨガの経験や考え方があるのかもしれません。

「わたしは、根本的に繊細な部分があり、ネガティブなことがあると長く引きずりがちです。落ち込んだときは、その気持ちに蓋をするか、解決するかの2つの選択肢しかなかった。でも今は、ヨガの瞑想のおかげで、後ろ向きな気持ちや自分のウィークポイントも許して、愛せるようになりました。悩みが深くても、『いまは辛いけど、ご飯が美味しく食べられるからまぁいいや』と(笑)。

嫌いな人がいるとか、仕事に行きたくないとか、人間なら後ろ向きな気持ちがあって当然。それもすごく、人間らしくていいと思うんです。そんなときは心にネガティブさを入れるスペースを作り、一緒に連れて生きる。そんな風に気持ちを切り替えられれば、日々、気持ちよく過ごせるのではないでしょうか」

野沢和香さんの“気持ちよく生きるメソッド”

「瞑想はおすすめです。起き抜けの朝や、フル回転で頭を使った日の夕方はとくに。呼吸をゆっくりと吸って、吐いてを90秒ほど繰り返します。息を吸っていること、吐いていることだけにフォーカスして。瞑想で「思考に囚われない時間」を作ると、頭がスッキリします」

wakanozawa_244

野沢和香(のざわ・わか)
モデルとして『STORY』をはじめ、数多くの雑誌、 CMやテレビ番組で活躍中。 2007年には全米ヨガアライアンス(ヨガ指導資格)を取得。以来、スタイルにとらわれないヨガ指導を続けている。 日本最大のヨガイベント「YOGA FESTA」でも毎年100名以上のクラスを 満員にするなど、今、日本で最も旬なヨガインストラクターの一人。2020年、ブランドディレクターとしてウェルネスブランド「HEREIAM」を立ち上げる。

撮影/YUKO CHIBA

前編はこちら

呼吸法でポジティブマインドに

Ranking