門岡 明弥

門岡 明弥

4

寒さを防ぐのではなく、モバイルバッテリーと繋ぐことで自ら発熱するジャケット。

最近ではそういった衣類を販売するメーカーも増えてきたように感じますが、ここまでしっかり快適に使えそうなものは見たことありませんでした……。

ボタンひとつですぐに温かくなる

アドベンチャージャケット HOMI」は、ボタンを押してから約10秒ほどで発熱し始めるというジャケット。

内側ポケットに付属しているUSBケーブルとモバイルバッテリーを繋げることで、使用できます。

-15℃という気温でも対応し、発熱温度は42℃・46℃の2段階調整ができるそうです。

内側と外側でポケットが独立しているため、モバイルバッテリーが飛び出てくる心配はありません。

1時間の自動電源オフシステムも備えているため、「電源付けっぱなしだった!」なんてことも防げますね。

温める場所をカスタマイズできる

このジャケットの発熱部分は背面に1箇所・前面に2箇所という配置になっていますが、位置をスナップボタンの着脱で上下できるため、温めたい場所を好みで切り替えられるんだとか。

体調や気候によって温めたい場所は変わってくるので、これは嬉しい!

発熱部分を下に降ろせば、腰周りを温めることだってできます。

全身を温めたいなら、こんな使い方もよさそうですね。

ポケットに発熱部分を入れたらハンドウォーマーに

また、発熱部分をポケットの内側に入れ込むとカイロをポケットに入れているような状態になるため、ハンドウォーマーとしても活躍してくれます。

手袋を忘れてしまっても、安心です。

その他にも、多収納・軽量・撥水……といった機能も散りばめられた、多機能すぎる「アドベンチャージャケット HOMI」。

クラウドファンディングサイト・machi-yaにて、38,870円(税・送料込)から支援を募集しています。

重ね着した上に重くてモコモコなダウンを着るよりも、薄くて発熱してくれるジャケットを1枚着る方が、もしかしたら冬に感じるストレスは少なくなるかもしれません。

HOMI[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking