小池田

小池田

10

そろそろニットが着たい季節。

新作が出るたび、欠かさずチェックしているMUJI Laboから今年も最高のアイテムが出ていました。

軽くて着心地のいいニット

MUJI Labo「空気を含んだ糸で編んだ畦編みクルーネックセーター」6,990円(税込)

さっそくゲットしたのは、「空気を含んだ糸で編んだ畦編みクルーネックセーター」。

MUJI Laboのニットは昨年も購入したのですが、着心地がよく気に入っていたので今年も買ってみることに。

名前のとおり、空気を含んでふくらみがある糸を使って編まれているのが特徴。

ニットといえばチクチクしたり重たいイメージがありますが、こちらは軽く伸縮性もあり、スウェットみたいに楽に着られるのが好きです。

インナーが透けない

身長162cmの私は、ブラックのXXS〜XSサイズを購入。

ゆとりのあるシルエットですが着丈も長すぎず、全体的なバランスも◎。

試着した感じだとオーバーサイズで着たいなら、S〜Mでもいいかなと思いました。

しっかり編み目が詰まっているので、インナーが透けないのもありがたいところ。

この日は中に白いインナーを着ていますが、まったく見えません。

1枚でも、重ね着にも

ベーシックな形でどんな服にも合わせやすく、最近ではすっかりコーディネートの定番に。

ざっくりそのまま着てもいいですし、

ほどほどの厚みなのでインしてもいい感じ。

中にシャツなどを着こんでもごわつかないので、レイヤードスタイルにもぴったりでした。

洗濯機で洗える

左が今年のニット、右が去年のニット

そして地味にうれしいのが、洗濯機でガラガラ洗っても傷みにくいところ!

洗濯ネットに入れれば他の衣類と一緒に、普通のコースで洗ってもへっちゃら。

去年のニットも、もう何度も着て洗っていますが毛玉になったりほつれたりがほとんどなし。

ニットってお手入れがむずかしい印象がありましたが、そんなイメージを変えてくれました。

これは複数買いしたい

色違いでもう1枚買おうかな……と悩んでいますが、店舗では品薄のところも多いよう。

たまにネットストアを覗くと再入荷していることがあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

空気を含んだ糸で編んだ畦編みクルーネックセーター [MUJI Labo]

あわせて読みたい:


小池田

フリーランスの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking