マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

9

本格的に寒くなると、毎日の着用は欠かせないヒートテック。

じつは、重ね着すると着ぶくれしてしまうこと肌に密着しすぎて乾燥肌にはツラいことがストレスになり、積極的に着用したいかと言われるとそうでもなく……。

それでも寒さに耐え切れず仕方なくきるか、といった感じで渋々中に仕込んでいるのでした。

ユニクロUのヒートテックに出会ってしまった

UNIQLOU_ヒートテックTシャツ

ユニクロU 「ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)」 1,500円(税抜)

これまでヒートテックに対して抱いていた問題を見事解決してくれたのが、ユニクロUの「ヒートテックコットンクルーネックTシャツ」。

なんと、ユニクロUとしては初となるヒートテックアイテムとのことで、これまで見てきたヒートテックとは全く違うデザイン性の高さに驚きました。さすがユニクロU……。

UNIQLOU_ヒートテックTシャツ 首元

ウィメンズとメンズで展開されているのですが、ウィメンズはやや細身のシルエットで首元のリブは細く、手首にリブはありません。対してメンズはゆとりのあるシルエットで、首元、手首ともに太めのリブがつくられています

サイズはウィメンズがXS~3XL、メンズがXS~4XLの展開。色はウィメンズがホワイト・オフホワイト・グレー・ブラック・ブラウン・パープル、メンズがホワイト・ダークグレー・ブラック・ナチュラル・ダークブラウン・マスタードの展開がされているので、これまたヒートテックとの差に驚き。

UNIQLOU_ヒートテックTシャツを着用

ちなみに私は152㎝でメンズの白、Mサイズを購入しました。

この1枚との出会いのおかげで、今年の冬から今冬に欠かせない存在になるとは。

では、ひとつずつポイントを見ていきましょう。

もうこれは冬用Tシャツです

UNIQLOU_ヒートテックTシャツ

ひとつひとつフォーカスを当てていくとよくわかるのですが、リブのしっかりさ首のつまり加減はTシャツそのもの。

UNIQLOU_ヒートテックTシャツ 表

表面




UNIQLOU_ヒートテックTシャツ 裏面

裏面

なぜ、インナーのように見えないかというと、リブがしっかり付いていることもありますが、表はコットン素材裏糸にヒートテック機能を持つ糸を使用しているからだんだとか。

さらに、ミリタリーのアンダーウェアからインスピレーションを受けて作られたとのことで、たしかにサーマルTのようなデザインだな~と納得。

発熱や保温、抗菌、吸放湿機能を持つヒートテックを使用しているから、そりゃもう暖かいわけですよ。「冬用あったかTシャツ」ってことでいいですかね?

重ね着で着ぶくれ知らず

UNIQLOU_ヒートテックTシャツに無印良品のインナーダウンベストを着用

Tシャツとヒートテックが一体化した「冬用あったかTシャツ」。

これまでTシャツの下に着ていたヒートテックを着なくてよくなるということは、重ね着しすぎて肩が凝ってしまうことも腕の可動域が狭くなることもなくなるんです。

薄着のように見えますが、インナーダウンベストと合わせて着用すると暖かさは倍増! 発熱・保温性の長けたアイテムを合わせ技で導入することで、重ね着や寒さのストレスを一気に解決できますよ。

UNIQLOU_ヒートテックTシャツに無印良品のインナーダウンベスト、ミリタリーコートを着用

そして、アウターを着用したときも着ぶくれしないのが嬉しいポイント。これだけでたった3枚の重ね着なのに1枚1枚の機能性は優れているので、真冬も安心です。

さらに、肌に密着しすぎていたヒートテックとは違い、ゆとりのあるTシャツだから密着度は下がり、これまでの冬よりもずっと快適に冬を過ごせそうな予感がします。

早めに「ヒートテックTシャツ」を確保せよ

UNIQLOU_ヒートテックTシャツ

これまでヒートテックに抱いていた小さなストレスの数々を見事に解決してくれた「冬用あったかTシャツ」。じゃなくて、「ヒートテックコットンクルーネックTシャツ」。

たった1,500円で快適な冬を送れるのなら、早めに確保しておきたいかも。

“本格的な冬のため”と言わず、今の時期からでも1枚で着れるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ヒートテックコットンクルーネックTシャツ[ユニクロU]

あわせて読みたい:


マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

“マクド”と言い続けたいコテコテの大阪人|服と食とお笑い(漫才)とライブとフェスと瀬戸内海の島がだいすきです。夢は島暮らし。イラストはハマダユウヤさんに描いていただきました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking