山田卓立

山田卓立

キャンプシーンで炭や薪の点火に重宝するバーナーですが、実はコレ、お家の料理でも大活躍する優れものなんです。

家庭料理がワンランクアップする、“炙り”があっという間にできてしまう代物で、使い方も簡単なので初心者でも手軽に使え、我が家では何かと登場シーンの多いアウトドアギアのひとつです。

SOTOのバーナーで“炙り映え”を狙え!

SOTOのバーナー

シングルバーナーやランタン、調理器具とキャンプシーンのキッチンまわりでは大定番の「SOTO」。なかでも「フィールドチャッカー」は、定番中の定番です。

すでに持っている人も多いかと思いますが、お家で使い倒しているという人は少ないのではないでしょうか。

SOTOのバーナー

我が家では、料理の仕上げに大活躍しています。

登場シーンは、同じくキャンプで大活躍のスキレットとニコイチ。

スキレットで炒めた料理にとろけるチーズを振りかけて、バーナーで焦げ目をつければこんがりと香ばしい香りが!

写真は「豚キムチ炒め」にチーズをトッピング。仕上げの“炙り”をおこない、スキレットのままサーブすれば、食卓で映えること請け合いです。

ほかにも、焼き豚やカルパッチョの切り身なんかにも使用しています。

初心者も使える簡単操作

SOTOのバーナー

操作方法は簡単。家庭用のお鍋で使うガスボンベ(いわゆる「CB缶」)に取りつけて、ノズルを回して点火するだけ。

点火すると同時に炎が出るので、少し離してから点火すれば安全です。

また、点火直後から火が安定しているので、誰でも安心して使えると思います。

SOTOのバーナー

上の写真で、親指を置いているところが点火ボタン。その左側にあるのが空気調整レバーです。

ノズルのガス排出量で火力の調整をおこない、空気調整レバーでは火の柔らかさを調整します。

基本的に炙ることが目的なので閉じて使うことがほとんどですが、空気調整レバーを開くことで、ライターのような柔らかい火を出すこともできます。

自宅用のカセットボンベが使える

SOTOのバーナー

メーカーではSOTO製品専用のCB缶を推奨しています。

スーパーなどで売っているガス缶を使用している人も多いようですが、不安な方はオフィシャルのものを使うようにしましょう。

「SOTO」のガス缶は、アウトドア用なのでもちもよく、火力も十分です。

おうちの料理がワンランクアップ

SOTOのバーナー

我が家の人気メニューは、やっぱりとろけるチーズ。

最近のヒットは「豚キムチ炒め with とろけるチーズ」です。

キャンプに行くと料理担当をすることが多いのですが、先日のキャンプでは大人気のメニューでした。

ほかにも、「チキンのトマト煮 with とろけるチーズ」や煮込んだ焼豚を炙って「チャーシュー丼」をしたりしています。

SOTOのバーナー

とくに、塊肉系は「これ以上火を通すとかたくなってしまうけど、もう少し焼き目をつけたいな」というときは、「フィールドチェッカー」の出番です。

中はレアでもしっかりと香ばしい焦げ目をつけることができます。

フィールドキッチンの心強い味方!

SOTOのバーナー

この「フィールドチャッカー ST-450」は、シリーズを通して3代目にあたります。

誕生以来、進化を重ねマイナーチェンジを繰り返しながら第3世代が登場しています。

これまでは予備加熱が必要だったり、逆さで点火すると炎が不安定でしたが、現行モデルなら連続使用もできますし、どの角度で点火しても安定した炎を実現しています。

クリスマスや忘年会と、これからのホームパーティシーズンで、ちょっと炙ってみる。すると、盛り上がること間違いありません!

あわせて読みたい:


山田卓立

エディター/ライター。1986年生まれ、神奈川県鎌倉市出身。海よりも山派。旅雑誌、ネイチャーグラフ誌、メンズライフスタイルメディアを経て、フリーランスに。現在はキャンプ、登山、落語、塊根植物に夢中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking