ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

39

ちょっと出かけたいときに便利なサコッシュ。

最近ではアウトドアブランドからも普段遣い用のサコッシュが販売されておりますが、今回紹介するのはスノーピークのサコッシュです!

スノピのサコッシュは万能選手

snow peak 「TPUサコッシュ」 7,480円(税込)

こちらはスノーピークの「TPUサコッシュ」というサコッシュですが、順に使い方を紹介していきますね。

まずは1つ目の使い方。

一番サコッシュっぽい使い方は、やはり肩に斜め掛けするスタイルですね。

デザインもとてもシンプル。スノーピークのロゴが付いているだけのミニマルなデザインです。

我が家では妻が使うことがあるのですが、男女どちらが持っていても違和感がないのもいい所。

クラッチバッグとしても…

2つ目の使い方は、このクラッチバッグスタイル

この使い方だとロゴが隠れているせいか、斜め掛けするよりもフォーマルな感じが出ますよね。

ちなみにストラップは簡単に取り外せるので、クラッチバッグとして使う場合はストラップは外して使います。

外した時はストラップをなくしてしまわないように要注意ですね〜。

更にトートバッグにも

3つ目の使い方は、このトートバッグスタイル!

ベルクロの縦ラインが少し気になりますが、上部を折り畳んでいないのでこの形が一番多くのものを入れられます

トートバッグスタイルだとハードカバーによくあるサイズの本と、小さめのサイズの財布がギリギリ入るくらいのサイズ感!

握る部分は厚手の生地で補強してあるので、サコッシュ本体が型くずれしづらいです。

バッグインバッグとしても活躍

最後はバッグインバッグ!

ストラップを外した状態で、細々したものを入れてそのままバックパックにイン。

私は普段色んなものを適当にバッグに放り込んでいるのですが、TPU素材で作られているため傷がつきにくい所もグッドポイント

残念なところ:ストラップはちょっと貧弱かな…

完全に好みのデザインなのですが、ストラップはもう少ししっかりした作りの方が好きかも……。

とはいってもサコッシュにそこまで重いものは入れないので、この細さでも使用上は全然問題ないんですがね。

防水なので電子機器を入れておいても安心

アウトドアブランドのスノーピークが作っていることもあり、もちろん防水です!

Kindleやイヤホン、FRISK等、濡れてほしくないものを入れておいても安心

たっぷりとものを入れることはできませんが、このサコッシュ一つあれば外出に必要なだいたいのものは入ります。

気分に合わせてスタイルを変えて使ってみてくださ〜い。

※本記事は2019年12月19日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by きむ(ら)

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking