Bon-Masu

Bon-Masu

7

新型コロナの影響もあり、最近は気楽にクルマ移動前提の、短時間ご近所アウトドアを楽しんでいます。

最初に購入したのは、ロゴスのファイヤースタンドでした。

このファイヤースタンドに合わせて、ロースタイルでくつろげるColeman(コールマン)のコンパクトフォールディングチェアを購入しました。

コールマンのフォールディングチェア

コールマン(Coleman) コンパクトフォールディングチェア 5,380円(税込)

座面高約28cmの低さで座り心地の良いローチェア、使用時サイズは約53×54.5×62cm。

フレームはアルミニウム製でアームレストは天然木、シートの素材はポリエステル。

収納した時(たたんだ状態)のサイズは約53×9×56cm、重量約2.1kgです。

座面幅は約47cm、耐荷重約80kgと幅広いユーザーが座れるアウトドアチェアとなっています。

リラックスできる座り心地

でかい流木が燃え尽きるまでのんびりします

きちんとしたテーブルでダイニングのように食事を楽しむなら、もう少し座面の高いチェアが良いでしょう。

このチェアは座面が低く、自宅のリビングのようにリラックスできます

ソファのような感覚で、足を伸ばしてゆったりと景色を楽しむのに最適です。

組み立てもカンタン

組み立てにもコツはいりません

足部を持って、前後に広げれば出来上がり。

とてもシンプルなフォールディングの構造、これから初めてキャンプに行くという方にもオススメできるチェアです

足元を見てみるとアルミの脚部が補強されています、軽量でコンパクトだけど、扱いに気を遣う繊細なチェアとは異なるがっしりとした安心感があります

運ぶ時に便利な取手付き

この背もたれの上についている持ち手がとても便利ですね。

クルマから河原まで、距離があったとしても数百メートルだけなのですが、いくつかの荷物を持って足場の悪い場所を歩きます。

キャンプサイトまでの移動でも助かります、使ってみるとこの持ち手のありがたさがわかるはずですよ。

まさかのシンデレラフィットが

びくともしないピッタリフィット

以前にも、クルマにフォールディングチェアを積んだことがありますが、ラゲッジルームでガチャガチャ暴れてしまいます。

このチェアは、私のクルマ(カングー)のラゲッジルームにピッタリ

まさかのシンデレラフィット、トノカバーとラゲッジルームの床の間が、このチェアの横幅と完璧に一緒の53cmだったということですが、とても得をした気分に。

クルマに積んだままでもガチャガチャせず、全く気にならないのでとても気に入っています。

アウトドアでくつろぐために

暑い時期なら裸足で川の中へ、最高に涼しいカフェ。

しっかりした作りの良いチェアです。

重量2.1Kgをどう捉えるかだと思います。

重量を問題にしない使い方ができれば、こんなに組み立て簡単で堅牢で、しっかりと寛げるチェアが5,000円ほどで手に入るということです

海に来たけど風が強いから焚き火は中止、富士山を眺めましょう

どこでも自宅のリビングのように寛ぐためのチェア、クルマでのお出かけのおともにいかがですか。

あわせて読みたい:


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking