きむ(ら)

きむ(ら)

元々コンタクトレンズを使っていましたが、最近はテレワークが中心ということもあってメガネを常用しています。

最近ではブルーライトカットのメガネを使う人なども多いのではないでしょうか?

ただ、メガネってちょっとしたことでレンズが汚れてしまうんですよね。ティッシュペーパーで拭いても、油分が取れずにあまりきれいにならないし……。

レンズメーカーが作る、レンズクリーナー

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」 30個入り 660円(税込)

メガネのレンズを簡単にキレイにできるアイテムがありました!

こちらはメガネやカメラのレンズを作っているZEISS(ツァイス)社の「Lens Wipes」というレンズクリーナーです。

レンズクリーナーは色々なものがありますが、老舗レンズメーカーが出しているものなので、安心感がありますよね。

しかも1枚あたり約20円と、手頃なのもありがたい。

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

箱の中には、2つがくっついた状態で入っています。

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

使うときには、袋をちぎって中からクリーナーを取り出す形。

ほのかにアルコールの香りがします。

どれくらいきれいになるの?

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

写真に撮るのも恥ずかしかったのですが、自分のメガネをよく見てみると結構汚れてました……。

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

袋から取り出して、折りたたまれた状態のまま目立つ汚れをササッと取り除きます。

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

次にクリーナーを広げて、クルクルと円を描くように汚れを拭き取っていきます。

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

傷がついてしまっているものはもちろん直りませんが、手の脂分や小さなゴミがきれいに取れるので、とってもクリアに!

視界もパッと開けるようになるので、気持ちいいんですよね〜。

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

カメラのレンズを拭いてみると、全体的に拭いた跡が……と一瞬悲しい気持ちになりますが、ご安心を。

水ではなくアルコールの跡なので、数秒で綺麗サッパリ跡なくなります!

この写真を撮るときも、すぐに跡が消えてしまうので撮るのが大変でした。

残念なところ:大きいものには向かない

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

広げたときに手のひらくらいのサイズなのですが、大きな鏡などを拭こうと思っても、薄いのでちょっと厳しめ……。

カメラやメガネのレンズを対象にしたクリーナーなのでしょうがないのですが、広い範囲を拭こうとすると途中でアルコールが乾いてしまい、全面をきれいに拭くのは難しいです。

大きな場所はアルコールスプレーを吹き付けて、タオルで拭いたほうがよさそうです。

外出時も常備しておくといいかも

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

個別包装されていて、サイズも小さいので持ち運びもしやすいです。

ZEISS(ツァイス) 「Lens Wipes」

スマホの画面や背面の細かなところもきれいに拭けるので、外出時もバッグの中に忍ばせておくのがおすすめですよ!

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 3歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking