Étoile

Étoile

13

季節の変わり目、なにかとストレスが増え甘いものに走りがちですが、脂肪や砂糖を毎日たっぷりと摂取するのは控えたいところ。

健康に気を使いながらも、我慢せずおいしい食生活を送る手助けをしてくれる商品を見つけました。

ステンレス容器にひと工夫

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」

下村企販「ヨーグルトの水切りバット」2,750円(税込)

横からは通常のステンレス保存容器のように見えますが、上から見ると……

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」

シルバーメッシュが見えますでしょうか。実はこちら、金網の上にヨーグルトを乗せることで水切りヨーグルトを作ることのできるバットなのです。

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」

構造は大変シンプル。本体容器とメッシュざる、ふたの3点のみです。ヨーグルトのほか、豆腐の水切りなどにも活用できますし、場所をとらないボウルとしても使えます。

ふた以外はステンレス製で、見た目にも高級感と美しさがあります。販売元の下村企販は“ステンレスの名産地”と呼ばれる新潟県燕市で、こだわりあるものづくりを行っている会社なのだそうです。

ヨーグルトを入れてみると…

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」で水切りヨーグルトを作る

それでは、さっそくヨーグルトを入れてみます。大きなスプーンを使って豪快に!

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」で水切りヨーグルトを作る

一般的な450gサイズのヨーグルトがぴったり入るサイズですので、溢れてしまわないかな?と心配になることはありません。

今回は容量400gのヨーグルトを使いましたので、余裕でおさまりました。

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」で水切りヨーグルトを作る

ふたをぴったりと閉めて冷蔵庫へ入れれば、匂いが移る心配もありません

見入ってしまう漉し風景

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」で水切りヨーグルトを作る

フィルターをちょっと持ち上げて、漉し作業の舞台裏を覗き見。

はじめのうちはツーツーと勢いよく。

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」で水切りヨーグルトを作る

しばらく時間が経つとポタポタと、ホエーが下の容器に落ちていきます。

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」で水切りヨーグルトを作る

1時間も経つとヨーグルトのかさが減ってきます。見た目にも、水分が抜けてテクスチャーが硬く締まってきたのがわかるように。

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」でつくった水切りヨーグルト

柔らかめが好きな方は2〜3時間ほど、こっくりとした食感が好きな方はひと晩ほど。好みの硬さになったらざるから容器に移しましょう。

ひと晩置けば、スプーンを逆さにしても落ちないほどになりますよ。

おいしく食べて健康に

まずはじめは、やっぱりパン

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」でつくった水切りヨーグルト

水切りヨーグルトは何と言ってもパンとの相性がばつぐん

ドライフルーツやナッツ入りのパンにはそのまま乗せて、プレーンなパンにはジャムやハムをプラスして、甘きもしょっぱきもおいしくいただけます。

しっかりと水切りしたヨーグルトは、見た目も食感もクリームチーズそっくり。

しかしカロリー面では、市販のクリームチーズが100gあたり346kcalの一方、水切りヨーグルトが100gあたり102kcalと、大きく差があります。背徳感がみるみるしぼんでいきますね。

サラダにコクをプラス

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」でつくった水切りヨーグルト

そのまま食べるだけでなく料理にも活用しています。

マッシュしたかぼちゃに水切りヨーグルトを加えてコクをプラス。レンズ豆やレーズンを加えたデリ風かぼちゃサラダには、レシピに“クリームチーズ”と記載されていることが多いのですが、いつも冷蔵庫に用意があるわけではありませんね。

水切りヨーグルトを使えば、カロリーも予算も押さえながら見た目にも楽しいサラダを作ることができますよ。

主役ではないけれど

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」

水切りして容器にたまったホエーには、良質なたんぱく質やカルシウム、ビタミンなどが含まれています。

捨ててしまうにはもったいないので、ぜひ使ってみてください。

もともとの酸味を生かしてレモネードにしたり、癖はあるもののそのまま飲んでもおいしいですよ。ひと晩の水切りで小ぶりのコップ1杯分ほどになります。

もう後ろめたくない

下村企販の「ヨーグルトの水切りバット」

クリームが山盛りのったココアや、ずっしりとしたチーズケーキによってもたらされることの多い“おいしいけれど後ろめたい”という気持ち。

水切りヨーグルトは“こってり”が“背徳感”と徒党を組まない稀有な食べ物です。スプーンいっぱいに頬張ったって大丈夫、笑顔のままですよ!

この水切りバットから、これからもたくさん笑顔が生まれそうです。

あわせて読みたい:


Étoile

大きなイベントごとを常に発生させ続けるのは難しいけれど、日々の生活に小さな幸せを見いだすことで、日常にスパイスをかけることはできる。ちょっとした緑を見つけては愛でたり、物語のある雑貨を手にしたり、気持ちのいいものを身につけたり、そんなことを大切にしていきたいと思っています。一番好きなスパイスはシナモン。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking