舟津カナ

舟津カナ

3

軽量アルミポールのトップメーカー「DAC社」が立ち上げたアウトドアブランド「ヘリノックス」。

その超軽量で丈夫なチェアは日本でも人気を博していますが、ドイツ発のポールブランド「レキ」のチェアもヘリノックスに負けず劣らす優秀です!

ヘリノックスと同様ポールブランド「レキ」

アウトドアブランドとしてはあまり日本では知られていませんが、ポールブランドとしては世界トップクラスで、軽量のトレッキングやスキーのポールを手掛けトップアスリートも愛用しているほど。

そのポール技術を余すことなく活用して、満を持して発売されたチェアが「CHILLER(チラー)」です。

軽量・丈夫・組み立てカンタンの三拍子が揃う

重さは1140グラムと、ヘリノックスのタクティカルチェアと同じぐらい軽量。コンパクトに畳めますが、チェアは高さがあり、座りやすく快適です。

収納袋には両端に取っ手がついているので、その部分にストラップを付ければ肩掛けで持ち運びすることも可能。

組み立ても簡単で、説明書無しでも直感的に30秒ほどで簡単に組み立てられます


片付けも簡単で、ポールのジョイントを取るだけでコンパクトになり、備え付けの収納袋にもスムーズに入ります。

ドリンクホルダーが付いて、収納袋がチェアに装着可能!

アウトドアチェアによってはドリンクホルダーが無かったり、別売りになっているものもありますが、コレはドリンクホルダー付き

しかも、収納袋もサブバックとしてチェアに装着でき、スマートフォンやスナックなどちょっとしたものが入れられます。


装着方法も簡単。収納袋のマジックテープをビリビリと広げ、チェアにペタッと付けるだけです。

安定感抜群なフット

地面に接触するポールの先端がギザギザになっており、硬いコンクリートでも緩くなった土でもグラグラ動くことなく安定。

耐荷重が320キロとかなり丈夫で、体重が重い人でも安心して座れます。

ただし、フレームからシートが取れやすい

使い勝手抜群のチェアですが、生地をフレームに差し込む部分が若干浅いため、ちょっと引っ張ったりするとフレームから生地が取れることがあります……。

とはいえ、座っているときに取れることはありません。

お尻が包み込まれるような座り心地

シートの幅が広く、お尻が包み込まれる感じで座り心地は抜群。背もたれも適度に張りがあり、長時間座っていても腰やお尻が痛くなりません。

ただし、軽量なので座っていないとき強い風が吹くと飛んでしまう恐れがあるので注意が必要です。

チラーチェアの座る高さは41センチと高めです。私は150センチと身長が高くないため、チラーチェアより一周り小さくシートの高さが30センチのSUB1チェア(重量940グラム)でもよかったかなと思っています。

アウトドアで使用するのはもちろん、フット部分がゴム製なのでフローリングで使用しても傷つかず、ゲストが来た時は、家でエクストラチェアとしても活躍します。

まだあまり持っている人が少ないLekiのチェア。

新しもの好きな友達のプレゼントにしても喜ばれそうですね。

LEKI [CHILLER]

あわせて読みたい:



舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking