ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

6

キャンプの醍醐味といっても過言ではないのが「キャンプ飯」。

とくに燻製をするのがたまらないんですよね。

昨今はさまざまな燻製アイテムが登場していますが、持ち運びやすくてながーく使えるヤツがあるんですよ。

ソト(SOTO) 「いぶし処 お手軽香房」

ソト(SOTO) 「いぶし処 お手軽香房」 3,000円(税込)

それがSOTOの「いぶし処 お手軽香房」!

ちょっとステッカー貼ったり使い込んでる感がすごくてすいません。

持ち運びやすい燻製器

ソト(SOTO) 「いぶし処 お手軽香房」折りたたむ

おそらく「燻製したいなー」って人が最初に目につく燻製器じゃないでしょうか。

なんと言っても価格が3,000円! しかも、畳んだ状態でぺったんこになるので、車のスキマなんかにも入れやすのが助かります。

買い換えようかな……でもサイズが大きくなるのも嫌だな……となんだかんだ使い続けています(笑)

組み立てると大容量

ソト(SOTO) 「いぶし処 お手軽香房」組み立て

組み立てると上下2段になっています。

ソト(SOTO) 「いぶし処 お手軽香房」組み立て 2段

強めの燻製が好きなら具材を下段に。

薄めがよければ、具材は上段に並べるとよいですよ〜。

折り畳める燻製器のなかでは大容量なので、4人くらいのキャンプでも活躍!

残念なところ:匂いがすごい

ソト(SOTO) 「いぶし処 お手軽香房」をスモーカー・タープケースに入れる

使い終わった燻製器をそのまま車に積んだりすると、車内に煙の匂いが充満してしまいます。

家に置くときも同様ですね。匂いがスゴいんですよ……。

なので、それを防ぐアイテムに「スモーカー・タープケース」なんてモノも。

屋外のタープなどに使われる分厚い生地を採用しているためか、匂いが全然漏れません。余裕あればご一緒にどうぞ。

煙と向き合う時間が楽しい

スモークチップ

入門としてはスモークチップで燻製するのがオススメ。15分くらいでできます。

直接火をつけず、フライパンなどの上で焦がして煙を出していきます。

注意点としては、火加減をちゃんと見ていないと焦げます。意外と忙しくなりますが、そこはご愛嬌!

ソト「スモーカー用 温度計」

とはいえ、どんな火加減が丁度いいかなんてわからないじゃないですか。そこはスモーカー用 温度計」なる便利アイテムでサポート。

コレとにらめっこしつつ、スモークチップなら80〜120℃の「熱燻ゲージ」を保てば、15分ほどで燻製完了!

家の中だとなかなかできない燻製ですが、SOTOの力を借りれば燻製機・温度計・チップの3点セットで4000円弱

次のキャンプやバーベキューの場では、煙とじっくり向き合ってみてはいかがでしょう。

※本記事は2019年12月2日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by oh!ga

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

special

アウトドアシーンのみならず、お家の中でも使っている方も多いアウトドアアイテム。機能性とデザイン性にますます注目されています。そこで本特集では、アウトドアブランドのおすすめをご紹介。あらゆる「隠れた逸品」をROOMIE独自の視点でお届けします!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking