門岡 明弥

門岡 明弥

11

今年は日帰りでもキャンプに行く機会が増えたため、最近アウトドアチェアを新調したんです。

これまでキャプテンスタッグのチェアや、Amazonで販売されている2,000円ちょっとのチェアを使っていたのですが、今回は見た目重視でチョイス。

ロゴスの「グランベーシックシリーズ」、遂に手を出してしまいました。

ロゴスのプレミアムなチェア

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」 9,000円(税別)

ロゴス史上最高の質感・デザイン性にこだわったギアが揃う、LOGOS PREMIUM LINE。

そこに属するのがグランベーシックシリーズで、今回買ったのは「グランベーシック モダンチェア」というもの。

実はロゴスがはじめて「プレミアム」というワードを使用したチェアを復刻したものになっていて、派手すぎないカラーリングが特徴的です。

通気性・耐候性に優れている

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」

生地にはテスリンメッシュという素材が使われています。

通気性・耐候性に優れているそうで、屋外に常設していても変色が少ないのだとか。

家使いをするのであれば、ベランダやテラスに置いておく……なんて使い方も◎。

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」 肘掛

肘掛けは木材でできていますが、スベスベ・サラサラ!

思いっきり背中を預けられる

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」に座る

座り心地は安定感たっぷり

腕を乗せる部分が木材なので、いい意味でアウトドアチェア感がないといいますか。座るとどこか“家具”っぽい感覚もあります。

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」に全体重を預ける

思いっきり後ろにのけぞっても、グラつくことは一切なし!

安いチェアだと後ろに体重をかけたときに倒れそうになるんですよね。この安定感・包容力、プレミアムだ……。

これで星を見上げるときも安心して背中を預けられるようになりました。些細なことかもしれないけど、非常に重要なんです。

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」の座面の傾斜

座面には傾斜がついているため、長時間座っていても疲れないところもポイント。

見た目以上に深く腰を掛けられるので立ち上がるときがちょっと大変ですが、それでも傾斜があった方がよりリラックスできるな、と感じます。

少しだけ欲を言えばドリンクホルダーや小物入れが欲しかったけど、それらが付属していたら完全に人をダメにするチェアになってしまうので、ちょうどいいバランスかな? と自己解決。

残念なところ:結構重い

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」を収納袋に入れて持つ

このチェアの欠点、それは重さ約4.9kgと、片手で持つとずっしりとした重さを感じます。

座ったときの安定感を出すためにはこのくらい重い方がいいとは思うのですが、決して軽くはありません

携帯性を重視するのであれば、別のチェアを選んだ方がよさそうです。

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」の肘掛を持って持ち上げる

ちなみにチェアを持つとき、肘掛けを持つと外れてしまいます。これもちょっとだけストレス。

簡易的なストッパーがあればよかったかな。

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」のフレームを持って持ち上げる

いちいち装着し直すのも面倒なので、持ち運ぶときはフレーム部分を持つようにしましょう。

収束型で収納楽ちん

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」を折りたたむ

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」を収納袋に入れる

重さなどの気になる点はありますが、収束型のため収納自体は楽ちんです。

サッと脚を閉じて、上から収納袋をかけたらOK。手間に感じることはゼロでした!

ロゴス 「グランベーシック モダンチェア」の背もたれにあるタグ

ロゴスの「グランベーシック モダンチェア」。ちょっと値段は張るけど、これまで安いチェアを使っていたからこそ座り心地の違いには驚きました

身軽さや携帯性よりも、リラックス・雰囲気を大切にキャンプを楽しみたい方。きっと好きになっちゃいますよ!

グランベーシック モダンチェア[LOGOS]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

special

アウトドアシーンのみならず、お家の中でも使っている方も多いアウトドアアイテム。機能性とデザイン性にますます注目されています。そこで本特集では、アウトドアブランドのおすすめをご紹介。あらゆる「隠れた逸品」をROOMIE独自の視点でお届けします!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking