美間実沙

美間実沙

1

朝方の布団の中が心地よくて、なかなか起きられなくなってきました。

できるだけ長く寝ていたいと願うあまり、いよいよスキンケアが面倒に……。

そんな私の目にとまったのが、AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」です。

プチプラなのにひとつで5役。AQUA LABELのジェルクリーム

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」

AQUA LABEL 「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」 1,980円(税込)


プチプラの名品として、女性誌や美容誌にひっぱりだこのAQUA LABELシリーズ。

実は私は、AQUA LABELの化粧水と乳液を1年ほど愛用しています。

そこで今回は、AQUA LABELのオールインワンジェルである「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」を試してみることにしました。

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」

5種類の美容成分が配合されている、このオールインワンジェル。

なんと1品で、化粧水、乳液、クリーム、美容液、マスクの5つの役割を果たすとか。

使い方は、洗顔後に適量を顔全体に伸ばすだけ。あっという間にスキンケアが完了してしまいました。

ぷるんと弾力のある不思議な触感

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」
使用してみてまず驚いたのは、なんとも言えない弾力のある触感

指先をジェルの中に突っ込むと、ズプププ……と指が埋もれていきます。

指を引っこ抜くと、ジェルがピトッとくっついてきました。

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」
そして1分ほど経つと……

先ほど指ですくった部分が、何ごともなかったかのように、ぷるんと膜を張っている……!?

「あれ?さっき使ったのになぁ!?」と、不思議な気持ちになりました。

1週間使用してみて…

お肌にぴったりと膜を張ってくれる

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」を1週間使ってみて

使用後は、みずみずしく、ぷるぷるのお肌になったように感じました。ジェルがお肌の表面に、ぴったりと膜を張っているのを実感。

また、ジェルを顔に伸ばすごとにハーバルローズの香りが広がり、満ち足りた気持ちに。寝る前に使うと、癒されます。

他のオールインワンでは気になることがあるベタつきも、感じませんでした。

保湿を重視する人には、少し物足りないかも

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」を肌に塗る女性

朝起きたときには、少しお肌がさらっとしているような……。

乾燥肌の私は、常にお肌がしっとりしていないと気がすまないタイプ。

毎晩メインで使用するよりも、忙しい朝のレスキューアイテムとして頼る方が、私には合っているかなと感じました。

かさばらないから、旅行や銭湯でも大活躍

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」

1品で最低限のスキンケアが完了するこのジェル。旅行や銭湯にぜひ持っていきたいアイテムです。

カバンの中で、スキンケアアイテムがかさばってしまう……。狭い脱衣所で、スキンケアアイテムを並べるのが煩わしい……。こんな悩みから解放してくれますよ。

旅行用のスキンケアアイテムを1つ1つ揃えるのが面倒な人も、このジェルだけ準備すればOK。旅行や銭湯のよきおともになることでしょう。

いろいろな使い方ができる、常備したいアイテム

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」

実はこのジェル、基本的なスキンケアとして以外にもいろいろな使い道があるんです。

例えばジェルを顔に伸ばした状態で放置すると、保湿マスク代わりに。スペシャルケアとして、お肌を集中的に保湿したいときにもぴったりです。

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」を肌に塗る女性

また、メイク前にお肌の調子を整えたり、乾燥が気になるときに「追い保湿」したりするのにも◎。

とにかく手軽に保湿できるから、お肌の乾きを感じた瞬間に、無意識に手が伸びそう。

AQUA LABELの「スペシャルジェルクリームN(モイスト)」

空気がだんだん冷たくなり、乾燥が気になってくるこれからの季節。

1分でも長く寝ていたい朝や、乾燥した部屋で過ごす日中に、このジェルに頼ることにします。

あわせて読みたい:


美間実沙

ダイエットマニアのフリーライター。無理しないダイエット方法を研究中です。趣味はレザークラフトとDIY。鞄や靴など好きなモノを作っているとき、幸せを感じます。

special

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking