OGMAX

OGMAX

2

秋冬になると飲み物も温かいものをという方が増えると思いますが、私は頻繁にバッチリ冷えたアイスコーヒーが飲みたくなる日があります。

おうちで楽しむリラックスの時間、冬でもアイスコーヒー派も、1年を通してホットコーヒー派などもさまざま。

私のような1年中アイスコーヒー派にはもちろん、自宅でコーヒーをよく飲む方にオススメしたい、コールドブリューコーヒーメーカーを見つけたよ!

美味しいアイスコーヒーが簡単に作れちゃう

ICOSA Brewhouse ARCTIC 8,800円(税込)  

特徴的なルックスのコールドブリューコーヒーメーカー「ARCTIC」。

水で抽出するコールドブリューコーヒーは雑味、酸味、渋みが抑えられるとも言われていてスッキリと飲みやすいコーヒーが好きな方には特にオススメです。

内容物は耐熱ガラスの容器「ARCTICカラフェ」と、ステンレス製で蓋付きの「マイクロンフィルター」、そして計量スプーンも付属。

マイクロンフィルターはレーザーカットによる極小の穴が開いているので、別途紙のフィルターなどを用意する必要はありません

このARCTICと、コーヒー豆と水でできちゃう消耗品のいらないコーヒーメーカーです!

早速淹れてみよう

マイクロンフィルターの蓋はネジ切などがありませんが、シリコンゴムがついています。

蓋をあけたら軽量スプーンで10~15杯挽いたコーヒー豆を入れます

大体マイクロンフィルターの半分ぐらいの量ですね。

慣れてくると自分の好みの量で作ることができますよ。

カラフェには水を半分ぐらいまで入れましょう

硬水、軟水などはお好みで。

水を入れたらこのマイクロンフィルターの出番です。

マイクロンフィルターをカラフェに入れ、満タンまで水を足します。

この時点でも水に色が付いてきてますね。

ここでコーヒーの粉がしっかりと水を吸うように、マイクロンフィルター内を攪拌します

全体がしっとりしてきたら蓋をして、冷蔵庫へ。

あとは12〜24時間待つだけです。

さて仕上がりは

24時間かけてコーヒーを淹れるのはとても贅沢な時間に感じますね

何回か試したのち、私は濃すぎないコーヒーが好みなので今回は12時間で抽出終了。

フィルターを抜いてみると、1250mlぐらいの量ですね。

うん、とても飲みやすく仕上がっています。

後味がスッキリとしていて飲みやすい、私的にはベストな状態のアイスコーヒーができました。

たっぷり量があるので自宅にいる時間が増えた今こそ、作り置きしてチビチビ飲むのにピッタリですよ

24時間かけると、角が取れて苦味というよりも、深みのある飲みごたえのある味に仕上がります。

どれくらいの時間、豆の量が自分の好みになるのか、探求しながら使えるのもARCTICの魅力です。

サイズが大きいので注意

ユニークな形のカラフェがかわいくていいなと思ったのですが、実際使ってみると冷蔵庫の扉側には入らないサイズ。

人によっては使いにくい大きさに感じるかもしれません

取っ手部分を入れずに直径15cmぐらいあります

自宅で美味しいアイスコーヒーを

ARCTICを使って夜の仕事終わりにコーヒーを仕込んで、翌朝から飲むというコーヒールーティーンになり、外出時もマイボトルに移して持ち出したりしています。

現在、クラウドファウンディングサイトのmachi-yaにて支援を募集中

毎日コーヒーを飲む方は、豆の銘柄だけでなく、淹れる道具を色々試してみるのもとても楽しいですよ

machi-ya 24時間かけて作る極上コールドブリューコーヒーメーカー「ARCTIC」

あわせて読みたい:


OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking