ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2

ギズモード・ジャパンより転載。

スポークはもう過去のものだ。

前輪も後輪も車輪の中が空っぽで、ハブもスポークもない未来のeバイク「beno」。これが開発期間4年の歳月を経て、やっと予約が始まりました。

スペック

「beno」はアメリカ向けだと750Wモーターを搭載し、電動アシストとスロットルで漕がずに走れます。

そして脱着可能なバッテリーは48Vで充電時間は3時間。最高時速は40kmとのことです。

加えて前後のリム(のカバー)には、暗さを感知して自動で点灯する前照灯と、ウィンカーを兼ねたブレーキランプもあります。

beno

一応、欧州向けだと250Wで電アシのみとなっています。もしも日本にやってくるのであれば、こっちのモデルになるでしょうね。

指紋認証とGPSで盗難防止

この斬新さは、どっかに停めてたら一発で盗られるのは必至でしょう。

なので指紋認証を使って車輪をフレーム内で施錠&解錠し、万が一持って行かれた時のため動体検知の結果をGPS経由でスマホに表示する機能も搭載しています。

どうやってハブレスにしているの?

これはよく見ると、フロントフォークが片持ちになっているのも見逃せない点です。

右サイドの写真を見ると、フォークとリムカバーが一体化しているようなので、ここで車輪が潰れないよう支えることになり、回転するのはゴムのタイヤとカバー内部に隠れたリムだけなのだと思います。

そうでなければ前照灯も一緒に回転してしまいますもんね。それに伴い、ブレーキシューが下から上向きに設置されているのも独特だなと思います。

後輪に関してもカバーに大きな縦型の溝があるので、実は前輪と同じく片持ちになっているのかなと思われます。

輪っか内の空間で荷物を運べる

ちょっとおもしろいのは、何もないタイヤの空間に専用バッグを取り付け、そこを収納スペースにしてしまう点。

大きなものは運べませんが、ショルダーバッグ程度のものが前後で運べます。

この投稿をInstagramで見る

Handy?

Reevo™- The Hubless E-bike(@reevo_bikes)がシェアした投稿 –

ちなみにキックスタンドは隠れており、ペダル側から引き出します。

予約をすれば20万円

「Reevo」は定価が3,349ドル(約35万3,800円)ですが、予約をすれば43%オフの1,899ドル(約20万円)でゲットできるとのこと。

かつてはリアホイールの真ん中がスッカラカンなEVバイク「VERGE TS」にビックリしましたが、あれよりお手軽なeバイクであれば、貯金をはたいてでも欲しいですね。

Source: Instagram, beno via uncrate

text by 岡本玄介

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking