美間実沙

美間実沙

5

長時間のデスクワークで、首からつま先まで全身が重い……。

疲れやだるさがどんどん体に蓄積して、週末、久しぶりに外出したら、歩き疲れて足がぱんぱん!

そんな悩みを手軽に解消できるアイテムが「マッサージボール」です。

一見、普通のボールに見えるけど…

KOOLSENの「マッサージボール」

KOOLSEN「マッサージボール」 1,499円(税込)

手のひらにすっぽりとおさまる、可愛らしいサイズ感のボール

一見何の変哲もないこのボールが、実は全身をゴリゴリほぐしてくれる優れものなのです。

KOOLSENの「マッサージボール」

2個セットで届くので、自宅用とオフィス用で使い分けられそう。何だかお得感がありますね。

足裏でコロコロ…

KOOLSENの「マッサージボール」で足裏をマッサージ

まずは、足裏でマッサージボールをコロコロと転がしてみます。

程よい硬さが、足裏をぐっと刺激。これだけで、凝り固まった足裏をほぐす効果があるとか。

KOOLSENの「マッサージボール」で足裏をマッサージ

仕事中の眠気覚ましに、デスク下でこっそりコロコロ。

お風呂上がりのリラックスタイムに、ソファに座ってコロコロ。

仕事やテレビに集中しながらできるところが、嬉しいですね。

全身をほぐしてみよう

座って潰してしまったお尻をリセット

KOOLSENの「マッサージボール」でお尻をマッサージ

座り姿勢が続くと凝りがちな、お尻

まずは右側のお尻から。

お尻の下にボールを置いて、転がします。体を右側に傾けると、お尻に体重がかかり、刺激が強くなりますよ。

KOOLSENの「マッサージボール」でお尻をマッサージ

もっと強い刺激がほしい人は、左足を右膝の上に乗せてみても。お尻にさらに体重がかかり、「痛気持ちいい〜!」と悶絶するでしょう。

左側のお尻も同様にして、ほぐしてくださいね。

固まった肩甲骨周りをほぐす

KOOLSENの「マッサージボール」で肩甲骨をマッサージ

仕事中に集中すると、ついつい前傾姿勢に……。その代償として、固まりがちな肩甲骨周り

まずは右側から。

右の肩甲骨の内側にボールを置いて、仰向けになります。

KOOLSENの「マッサージボール」で肩甲骨をマッサージ

肩甲骨を動かしながら、右腕を床に沿って上下に10往復動かします。

次は、左の肩甲骨の内側にボールを置いて、同様の動作を繰り返してくださいね。

気になる部位をボールでコロコロ

KOOLSENの「マッサージボール」で気になる部分をマッサージ

もっと手っ取り早くほぐしたいなら、気になる部位にボールを直接当てても

手のひらでボールを転がしながら、マッサージします。

胸や首、ふくらはぎなど、お好きなところにどうぞ。

汚れが気になったらすぐに洗える

KOOLSENの「マッサージボール」

残念なのは、ゴム製なので汚れが少しくっつきやすいところ。

長時間床に置くと、ほこりや髪の毛が吸いついてしまったように感じました。

気持ちよく使うためには、こまめに汚れを取り除いたほうがいいかも……。

KOOLSENの「マッサージボール」を洗う様子

その点、汚れたらすぐに水で洗えるのはうれしいポイント。

衛生面が気になってきたら、バシャバシャ洗ってくださいね。

転がりにくいダイヤモンド型

KOOLSENの「マッサージボール」

実は真ん丸ではない、このボール。

断面がダイヤモンド状にカットされています。

いつの間にか転がって行方不明になってしまう……そんな心配もなさそうです。

コンパクトで軽く、巾着袋に入れて持ち運べる

KOOLSENの「マッサージボール」を巾着に入れて持ち運ぶ女性

手のひらで握れるサイズ感で、重さはたったの310g。

付属の巾着袋に入れると、カバンやスーツケースに入れて、旅行に持っていけます。

旅先で歩き倒して、足がパンパンになってしまった……そんなときも、旅館やホテルでリフレッシュできますよ。

忙しくても自分の体と向き合うようになった

KOOLSENの「マッサージボール」

家でも外でも手軽に体をほぐせる、マッサージボール

簡単に取り入れられるから、こまめに体をほぐす習慣が身につきました

ボールを転がして「イタタタ……!? 私のお尻って、こんなに凝っているんだなぁ……」と驚くことも。見て見ぬ振りをしてきた体の凝りに、向き合えるようになりました。

ずっしりと重く感じていた体も、徐々に軽くなってきているような……。これからもマッサージボールで、コツコツと体をケアしていこうと思います。

あわせて読みたい:


美間実沙

ダイエットマニアのフリーライター。無理しないダイエット方法を研究中です。趣味はレザークラフトとDIY。鞄や靴など好きなモノを作っているとき、幸せを感じます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking