sato

sato

16

細々した洗面用具などをひとまとめにできるトラベルポーチ、吊るせるタイプが便利ですよね。

ずっと無印良品の「ポリエステル吊して使える洗面用具ケース」を使っていたのですが……

もっと好みの吊るせるポーチをモンベルで見つけちゃいました!

柔らかくて、軽い、吊るせるポーチ

モンベル トラベルキットパック L

mont-bell 「トラベルキットパック L」 2,700円(税別)

いかにもアウトドアブランドらしい素材感、ビジュアル。

70デニールのナイロン・リップストップ生地がソフトでとっても軽量。

この柔らかさ、軽さ。まさに探していた理想の吊るせるポーチです。

無印良品の「ポリエステル吊して使える洗面用具ケース」、とっても便利でもう何年も使っていたのですが、最近気になってきたのがそのゴツさ。

ハードめな素材のため、バックの中で場所をとるんですよね。年々旅行時の荷物がミニマル化してきているので、ポーチにも隙間があるくらい。

ならばもっと省スペースな吊るせるポーチはないかな〜と探していたんです。

モンベル トラベルキットパック L

トラベルキットパック L」のサイズは、高さ15×幅21×奥行き7cm。

無印良品の「ポリエステル吊して使える洗面用具ケース」が高さ16×幅19×奥行き6cmなので、数字的にはほぼ同じ。

生地がソフトな分、モンベルの方がかなりコンパクトに感じます。

家族3人分が余裕で入るよ

モンベル トラベルキットパック L

ポーチを開くとこんな感じ。

上はボトルなどを入れられるような仕様で、下は全面メッシュのポケット。

モンベル トラベルキットパック L

さらにこの裏もポケットになっています。

3泊くらいなら、家族3人で持っていくのはこれくらい。

モンベル トラベルキットパック L

左下から時計回りに、歯ブラシ、もしものときの薬類。それとスキンケア&ヘアケア類、最低限のメイク用品。

シャンプーやボディソープは備え付けのことも多いので、これで十分です。

モンベル トラベルキットパック L

ポーチに入れてみるとこんな感じ。余裕でおさまりました!

吊るせるって本当に便利

モンベル トラベルキットパック L

無印良品のポーチ同様、洗面所ではフックで吊るして。

宿によっては洗面台が狭かったり、ユニットバスでポーチの置き場がなかったりもするので、吊るせるだけで本当に快適ですよね。

モンベルの商品ページには、アウトドアでの使用を想定して、「木の枝やロープなど、さまざまな場所に吊して使用することができます」”ともあります。

モンベル トラベルキットパック L

撥水性もあるので、水回りでも安心です。

素材がソフトなので、中身が少なければその分ポーチのカサもギュッとコンパクトに。

モンベル トラベルキットパック L

ちょっとした隙間にも入れられます。

残念なところ:割れそうなものは対策を

モンベル トラベルキットパック L

とっても薄くて柔らかいので、中身を何らかの衝撃から守るという機能はほぼなし。

メイク用品など中身が割れやすいものは、クッション性のあるポーチに入れてから収納することをおすすめします。

必要なときはこのまま持っても行けるので、これはこれで一石二鳥かも!

実は見た目もよし

モンベル トラベルキットパック L

フックだけではなくてきちんと持ち手付き。四角に持ち手がついただけのシンプルな形も好みです。

ちょっとシックなブラウンオリーブ(BNOV)というカラーもいいですよね。

他にも、ブラック(BK)、パープルネイビー(PUNV)、サンセットオレンジ(SSOG)があります。

たかがポーチ、されどポーチ。パッキングの快適さは、ポーチ使いが肝と言ってもいいくらい。

自分好みのポーチを見つけて、旅行もキャンプも楽しみたいですね。

トラベルキットパック L[mont-bell]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking