門岡 明弥

門岡 明弥

1

日中は涼しいけど、夜は寒い。

特にキャンプ場は街中よりも気温が低い場所にあることが多いので、どれだけ着込めばいいかわからない……なんてことも。

キャンプ場にどんな寝具を持っていくか悩むのなら、こんなアイテムはどうでしょう?

ロゴスの新作寝袋

ロゴスの「フリースシュラフ(ターコイズナバホ)」

こちらはロゴスの「フリースシュラフ(ターコイズナバホ)」という、新作寝袋。

温度調節に最適なフリース素材が採用された寝袋となっており、オールシーズン活躍するアイテムとなっています。

夏の寝袋は暑くて不快感を感じることもありますが、これなら快適に眠ることができそうです。

寝袋の中に入れて保温性アップ

ロゴスの「フリースシュラフ(ターコイズナバホ)」を寝袋に入れる

寒い時期には持っている寝袋の中にセットし、インナーとして使うこともできます。

そうすることによって寝袋単体で使用するよりも保温性が向上するので、もう1枚だけ欲しいときにも大活躍の予感。

ブランケットとしても使える

ロゴスの「フリースシュラフ(ターコイズナバホ)」をブランケットとして使う

実はこの寝袋、ブランケットにもなるんです。これは嬉しいポイント。

また、寝袋本体と同じフリース製の収納袋がついているので、持ち運びに便利なだけでなく、枕やクッションとしても使えます。

ロゴスの「フリースシュラフ(ターコイズナバホ)」丸洗い

そのうえ、洗濯機で丸洗いできるため、毎回清潔な状態で使用することができるのも◎。

ロゴスの新作寝袋、細かな温度調節が難しいアウトドアシーンの必需品になりそうです!

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking