浅田 よわ美

浅田 よわ美

3

最近、美容に詳しい友人の家に遊びに行くと、よく見かける青い瓶

コスメショップに大量に並んでいるのは見かけていましたが、なんで人気なんだろう……?

洗い流さない・ふきとらない角質ケア

タカミスキンピール

TAKAMI「タカミスキンピール 30ml」5,280円(税込)

ということで、興味本位で購入してみたのが角質美容水「タカミスキンピール」。

なんとこれを使えば洗い流さない・ふきとらない角質ケアができるとのこと。

くすみや鼻の黒ずみ、乾燥、吹き出物などの肌トラブルを引き起こす原因のひとつと言われている不要な角質。

一般的に角質ケアと言えば、不要な角質を洗顔料や石鹸で洗い流したり、ピーリングアイテムやふきとり化粧水で除去したりするなどのイメージがありました。

タカミスキンピール

が、タカミスキンピールの最大の特徴は、そのどちらでもない角質ケアを叶えるということ。

洗顔後に顔全体になじませるだけのケアで、角質層自体をすこやかな状態に導き、そもそもの肌の代謝の乱れを整えることでトラブルを防ぐというのです。

なじませる角質ケアのメリット

タカミスキンピール

ではその、洗い流さない・ふきとらないのメリットは何なの?という疑問。

なんでも、肌になじませるだけのタカミスキンピールなら肌表面を剥がすような強い刺激を肌に与えなくて済むのだとか。

タカミスキンピール

0.02mmというラップほどの厚さしかない肌表面はとてもデリケートなので、角質を除去する角質ケアはどうしても肌に与える刺激が懸念されます。

そういった理由で今まで試せずにいた方にとっては、角質ケアの概念を変えてくれるアイテムなのかなと感じました。

肌が弱い方だけでなく、肌に必要な油分までとられてしまうのがストレスだった乾燥肌の方にとっても朗報かも。

いざ、使ってみた

タカミスキンピール

実際使ってみると、細部にこだわりを感じたタカミスキンピール。

「ご使用前に必ずお読みください」という手引書と、使用説明書がついてきます。

タカミスキンピール

手順に沿って、まずは清潔な手の平に適量を取ります。

スポイトに使用目安量の線がついているので、一度に使う量がわかりやすい!

タカミスキンピール

水のようなテクスチャー

両手のひら全体に広げたら、顔の中心から外側へ顔全体を包み込むようにやさしくなじませます

ザラつきやすい部分、鼻の黒ずみなどのトラブルが気になる部分には重ね漬けがいいそう。

3分置き、タカミスキンピールが角質層のすみずみまでじっくり浸透するのを待ったらいつものスキンケアをします(可能なら、APAソリューション10もしくはタカミローションをつけることが推奨されています)。

これを朝晩行って、1本(30mL)を20日間で使い切るイメージ。

効果のほどは…

タカミスキンピール

しばらく使ってみて感じたのは、「すごく肌がきれいになった!」というよりも、そういや最近、肌トラブルのストレスを特に感じていないぞということ。

鼻の毛穴汚れもなく毛穴がキュッと引き締まっていますし、たまに出ていた白ニキビもしばらくない。

肌もくすむどころか、我ながらなかなか透明感あるんじゃ?という感じです。

コツコツ続けたいアイテムかも

薬局で買えるスキンケアアイテム

薬局でも、今はさまざまなアイテムが買えます

正直、薬局で買えるお手頃価格のアイテムでも十分効果を感じたアイテムがあるなか、タカミスキンピールは決して手頃な価格ではありません。

ですが、敏感肌でもストレスなく使えているのは事実

肌刺激はなるべく与えたくないけれど角質ケアはしたいと思っていた方は、試す価値アリだと思います。

タカミスキンピール

日頃のケアにプラスするだけでいいので、手軽に取り入れられるタカミスキンピール。

もちろん使用感には個人差があると思うので、まずはお試しサイズ(10ml)をゲットしてみてはいかがでしょうか。

季節の変わり目にゆらぎがちな肌を、自分の肌やライフスタイルに合うケアでいたわっていきたいものです。

タカミスキンピール[TAKAMI]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking