ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

5

登山やピクニックなどをはじめとした日帰りのレジャーにおいて、テーブルを持っていくのは少し面倒。

かといって、地ベタで食事するのも味気ないんですよね。

そんなランチタイムに小さいテーブルがあるとグッと華やかになりそうじゃないですか?

プラダンという手があったか!

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」1,700円(税別)

このお膳のようなかわいらしいミニテーブルは、カスケードワイルドの「ウルトラライトフォールディングテーブル」。

実は、プラスチックダンボール(通称プラダン)という素材でできているんです。

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」折りたたむ

プラダンはポリプロピレン樹脂を原料とし、軽く丈夫で、水や熱にも強いのが特徴。

加工がしやすいので、折り紙のように小さく折りたたむことができるんです!

こんなに薄く小さくなるので、リュックの隙間にだって気軽に忍ばせておけます。

中空構造なので超軽量

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」測量

プラダンは普通のダンボールと同じように中空構造になっているので、すごく軽量な素材。

このミニテーブルは、なんとたったの66g!およそ卵1個分の重さしかないんです!

軽いからと言って心配は無用。耐荷重が4.5kgあるので、調理器具や料理を置いたぐらいではビクともしません。

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」の上にアウトドア飯

スノーピーク「OZEN」

金属でできたミニテーブルも何種類か持っているのですが、どれも300g〜500gほどの重さ。

いざ持ち出すとなると圧倒的に軽いコイツを持っていくことが多いんです。

組み立てもあっという間

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」 組み立て

組み立てが手間なモノは、段々使わなくなってしまうことも……。

でも、これなら30秒もかからず完成

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」組み立て後 底

全てのパーツが繋がっている一体型なので、部品をなくす心配もありませんよ〜。

残念なところ:熱いものを直接置くのはNG

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」 調理器具置く

耐熱温度は162度

カップ麺やコーヒー程度だったら全く問題ないのですが、火にかけた直後のフライパンやケトルなどすごく熱いものを直接置くとテーブルの表面が溶けてしまいます。

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」 やかんを文庫本の上に置く

僕は退屈しのぎに文庫本などを持っていくことが多いので、それを鍋敷き代わりに使っていますよ!

調理も食事も快適に

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」

不安定な場所で調理や食事をすると、こぼしてしまう不安がありますよね。

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」

ミニテーブルを使うと水平を保つことができ、天板には滑り止めのギザギザが付いているので、安心して調理も食事もできるんです。

アウトドアでは平らなところで食事できる方が少ないので、これにはすごく助かっています。

テーブルひとつで見栄えも味もUP!?

アウトドア飯

テントの中での食事も、このように地ベタに何もなしだと、ちょっと味気ない……。

山を背景にカスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」を置く

剱岳「剱沢キャンプ場」

ほんとに小さなテーブルですが、これがあるだけで登山やピクニックのランチタイムが華やかになるんです。

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」の上にアウトドア飯

なんだか料理もおいしくなった気が……!?

カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」の上にバーナーとチタンマグを置く

収納もコンパクトで使い勝手もバッチリ。

超軽量なミニテーブル、ひとつあるとアウトドアでの食事の快適さをグッと上げてくれますよ

ウルトラライトフォールディングテーブル[カスケードワイルド]

※本記事は2019年9月10日に掲載された記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by SUMA-KIYO

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking