Qurumu

パンやうどんなど、大きなスペースで生地をこねるタイプの料理は、楽しいしストレス解消にもなります。

ただ、作業場として、まな板だと狭いんですよね。木製や大理石の素材の、のし台や製菓ボードは、重くて取り扱いが面倒だし場所をとります。

そこでサッと広げるだけで使えて便利なシリコンマットをご紹介します。

生地離れが良く、打ち粉が少なくてすむ

Image: Amazon.co.jp

ヨシカワの「ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット」は、シリコン樹脂素材の調理用マット。パン作りやお菓子作りの際、この上で生地をこねたりのばしたりできます。

表面はマット加工が施してあるので生地離れが良く、少ない打ち粉でスムーズにこねることが可能なのだとか。

それに、裏面は平らでつるりとしたテーブルや作業台に置くとピタリと密着して、すべりにくいとのこと。調理中に力をかけてもズレなさそうです。

目盛りがついていて成形をサポート

Image: Amazon.co.jp

ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット」のサイズは、横50cm×縦40cm×厚み0.1cmとのこと。この大きさなら、広々と調理がしやすそうです。

また、4辺に1cm刻みで目盛りが入っているほか、中央には円型のガイドが描かれています。

作るもののサイズ感の目安になって、ピザなどが楽に作れそうです。

さらに、耐熱温度は230度まで、耐冷温度はマイナス20度までとのことで、熱い生地や冷たい生地も安心して扱えますね。

洗うのも収納も楽

Image: Amazon.co.jp

ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット」は、洗って何度も使えます。薄くて軽いので、手軽に洗えるのは嬉しいですね。

さらに、収納するときは小さくたためて場所をとりません

ちなみにAmazonのレビューでも、「畳んで保管できるし、素材もしっかりしているので、延ばしているときもずれたりせずストレスになりません」、「洗ったあと吊るしておけるのも潔癖な私に良い」といった高評価が複数ありました。

ヨシカワの「ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット」があれば、ちょっと手のかかる「こねる」料理を作るハードルが下がりそう。

休日には手作りのパンやピザ、お菓子を作ってリッチなひとときを過ごすのはいかがでしょうか? 家族とのコミュニケーションも弾みそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

ヨシカワ「 ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット ブラウン」 [Amazon]

あわせて読みたい:

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking