osio

osio

4

だんだん寒くなってきましたね。

布団から抜け出すのが難しくなって、毎朝バタバタと出社している日々を送っている私。

寒くなる前に無印良品で買い込んでいたアイテムのおかげで、朝ごはんに困らずに済んでいます!

野菜の食感・色合い・味を楽しめるスープ


無印良品 食べるスープ 390円(税込)

私が常備し始めたのは、無印良品の「食べるスープ」シリーズ。

なかでも今回紹介したいのは、8月末に新発売となった「味噌」を合わせたスープたち。

1袋に4食分が入って、390円(税込)です。

味噌を合わせていますが、味噌汁ではありません。

白湯スープやクリームスープに「味噌」を合わせた、ほっこり落ち着ける味わい。

野菜の食感や色合いを楽しめるスープになっています。

お湯を注いで1分で完成!

作りたてを閉じ込めたフリーズドライのスープ。

化学調味料、合成着色料、香料不使用なので、安心して食べられますね。

袋を破ってお椀に出せば、あとはお湯を注いで1分待つだけ!

すぐできあがるから忙しい朝にぴったりなんです。

こちらが「食べるスープ 4種野菜のみそブロススープ」

フリーズドライのスープには珍しく、枝豆や赤ピーマンが入っている一品!

個人的には味噌シリーズの中でブロススープが一番のお気に入りです。

ちなみに「ブロス」とは「出汁」のこと。

肉、もしくは野菜を長時間煮込んで食材のうま味を引き出したスープを意味するそうです。

見た目に華やか、枝豆のちょっと固い食感とほうれん草のくたっとした食感の違いを楽しめるスープですよ。

白米ともパンとも一緒に食べたい

「食べるスープ 5種野菜のみそ白湯スープ」は、キャベツ、生姜、人参など5種の野菜が入っています。

豚骨ベースに味噌が合わさった味わいで、白湯ながらにこちらも案外すっきり。

朝だけどちょっと濃厚なスープがいいな、でも重すぎるのはちょっとな、という日に重宝しています。

また「食べるスープ 4種野菜のみそクリームスープ」は、朝がパン派の人にもオススメしたい一品。

ブロッコリーやキャベツなど4種の野菜が入った、ある種オーソドックスなクリームスープです。

味噌が合わさることでちょっぴり変わった印象に!

野菜不足を朝からちょっとでも解消できる一杯です。

もちろんスープだけで1日分の野菜を摂取できるわけではないので、その点はご注意を。

寒い朝もスープで乗り切ろう

味噌を合わせた「食べるスープ」は、全4種類。

私が買い込んだときは「食べるスープ 4種野菜のみそトマトスープ」がネットストア・実店舗ともに売り切れていましたが、2020年10月5日時点ではネットストアでも入手可能になっています。

これもまたおいしそう……。

冬の朝を乗り越える相棒になってくれること間違いなしですよ!

無印良品 食べるスープ [無印良品]

あわせて読みたい:


osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking