Fukuko

Fukuko

4

気候も快適になり、アウトドアがいっそう楽しい季節になりました。

密を避ける意味でも、外遊びはいいですよね。

実は最近、ワークマンでアウトドアシーンに大活躍なエプロンをゲットしたんです!

さすがのお手頃プライス

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」 1,500円(税込)

多機能なのに、このエプロンはなんと1,500円という驚きのプライス。

カラーはアウトドアになじむ、ブラック・カーキ・キャメルの3色展開です。

お財布にやさしいので、色違いで何枚も買えちゃえますね。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

写真はブラックですが、これならちょっとカフェのスタッフ風でもあり。

家のキッチンでももちろん、活躍してくれますよ。

気になる機能は…

FieldCore 「耐久撥水リップストップエプロン」

まずはアウトドアにも、そしてガーデニングなどにも嬉しい耐久撥水性。

ちょっと濡れてもサッと拭き取れるし、汚れもつきにくいんです。

素材はアウトドアウェアによく使われる、リップストップ生地で作られています。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

しっかりカバーしてくれる長めの丈ですが、真ん中にスリットがあって足さばきも良好。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

そして、裾の裏には面ファスナー付きのテープがあるんです。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

これを足にぐるっと巻いて留めれば、しっかりフィット。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

かがんでも裾が地面にベロンと着くこともありません。

さらによほどの高身長でなければ、膝までカバーしてくれるので、膝をつくような作業でもパンツが汚れません。

ユニセックスなのも嬉しいね

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

フリーサイズですが、結構たっぷりめな作り。

丈は100cm、幅は78cmあります。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

身長170cmちょっとの男性が着けると、こんな感じ。

ちょうど膝に当たるか当たらないかくらいの丈感です。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

そして160cm弱の女性が着けたところ、こんな感じ。印象は違いますが、それぞれにいい雰囲気。

色も形も、着ける人を選びません。

ストラップがクロスタイプだったらよかったな

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

ストラップは首と腰、それぞれ別々です。

好みだとも言えますが、首のストラップは調節するにしてもちょっとあまる感じ。

背中でクロスして、サイド部分に通して結ぶ形だと嬉しいですね。

サイズ調整しやすいし、あまりが出ないし、ワンアクションで済むので……。

ポケットもいっぱい

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

その他の嬉しいポイントは、ポケットがいっぱいあるところ。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

胸にあるポケットには、ペンなど細いものを挿しておける細長いポケットも一緒になっています。

ウエスト下の位置には前幅ほぼいっぱいの大きなポケットがあり、このポケットは真ん中と左右に3分割されています。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

そして、右のポケット部分にはタオルや手袋などをかけておけるループが。

ワークマン 「耐久撥水リップストップエプロン」

左のポケットには貴重品などをいれておける、ファスナーつきのポケットもついてます。

バラつきがちなアウドドアの道具類もバッチリ収まる、ワークマンの「耐久撥水リップストップエプロン」。

これで1,500円はやっぱり驚きです。服も汚れてしまいがちなアウトドシーンで重宝しますよ。

耐久撥水リップストップエプロン[WORKMAN]

あわせて読みたい:


Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking