門岡 明弥

門岡 明弥

10

アウトドアをする際、まな板と包丁、それぞれを個別で持っていくとかなりかさばります。

まな板はどんなにがんばってもコンパクトにすることはできないし、包丁だってそのまま持ち歩くのは危なかったりもして。

スノーピークのまな板

スノーピーク 「マナイタセット M」

スノーピーク 「マナイタセット M」 3,800円(税別)

だったら、折りたためるまな板を使えばいいじゃない?

ということで使い始めたのが、スノーピークの「マナイタセット」。

なぜ「セット」という名前がついているのかというと……、

スノーピーク 「マナイタセット M」 包丁収納

実はまな板の中には、包丁が収納されているんです。

サイズはコンパクトに。そして包丁は安全に持ち歩くことができるという、身軽かつ安全さを兼ね備えた仕様になっています。

スノーピーク 「マナイタセット M」金具を弾く

いつもまな板を開くとき、ワクワクします。

宝箱を開けるような感覚に近いというか、これから料理するぞ!って気持ちが湧いてくるというか。

パチンとまな板を開く動作。この小さなひとつの動作、個人的にはなくてはならないようなものと感じています。

コンパクトで使いやすい

スノーピーク 「マナイタセット M」開いた状態と包丁

僕が使っているのはMサイズ(W25.6cm×H20cm)で、包丁はペティナイフほどのサイズ感。

大人数向けの料理を一気に用意するときにはもう少し大きいまな板の方がいいかもしれませんが、3~4人規模のキャンプでは十分に活躍してくれます。

スノーピーク 「マナイタセット M」のまな板の上でエリンギを切る

特に好きなのが、食材を切るときに聞こえるトントンという音

木製のまな板はやっぱりこれが醍醐味だなぁと感じます。

切ること自体が楽しいから、わざと食材を細かく切ったりもして。音と一緒に料理を楽しむ時間も、幸せなひとときです。

スノーピーク 「マナイタセット M」のまな板を陰干し

使い終わったあとは、黒ずみ&カビ防止のために日陰で乾燥させています。

直射日光が当たる場所だとまな板が変形してしまう可能性があるので、ご飯を食べながら日陰でのんびり乾燥させましょう。

中の包丁は落ちません

スノーピーク 「マナイタセット M」の中のマグネット

また、開いたときに中の包丁は落ちないの?

そう思う方もいるかもしれませんが、落下防止用マグネットが中に仕込まれているため、安全面も◎。

スノーピーク 「マナイタセット M」に包丁を入れたまま立てる

縦に置いても逆さまにしても、中の包丁は落ちません

とはいえ勢いよくガバッと開けたら包丁が落ちてしまう可能性はあるので、過信せずに毎回落ち着いて開けるのがよさそうです。

メッシュケースにシンデレラフィット

メッシュケースにスノーピーク 「マナイタセット M」を入れる

「マナイタセット」を持ち運ぶために愛用しているのは、同じくスノーピークの「キッチンメッシュケースS」。

まな板のMサイズにはケースのS。LサイズにはケースのLがぴったり収納できるサイズ感となっています。

一応メッシュケースにもMサイズが存在するみたいですが、まな板のMサイズにはケースのSサイズがジャストフィットなのでお間違いなく!

メッシュケースにスノーピーク 「マナイタセット M」を入れる

多少まな板の乾き方が甘くても、ケース自体がメッシュ使用のため通気性に優れていて安心です。

ただ、おうちに帰ったらしっかり乾燥させてくださいね。

まな板の収納として使わないときは、カトラリー類の持ち運びにも活躍してくれます。

最初に買っておきたい

メッシュケースとスノーピーク 「マナイタセット M」

キャンプに行きたいけど、まな板と包丁はどう持っていけばいいのか悩む……。

そう思っている人にこそ使ってほしい、スノーピークの「マナイタセット」。

家の中でもガッツリ使いたい人はLサイズ(W36cm・H23.6cm)を買うと、包丁も大きいものが付いてくるのでオススメですよ。

マナイタセット M[snow peak]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking