ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

5

キャンプや登山の荷物で意外とかさばるのが、食器類

特に日帰りともなると、荷物は最小限で身軽に出掛けたいものです。

食器類はコンパクトに持ち運び!

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」2,800円(税別)

スウェーデンのブランドWildo.の「CAMP-A-BOX」なら荷物を抑えたいときにぴったり。

弁当箱のように見えますが、蓋を開けると……

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」中身

お皿、大小のカップ、スポーク(スプーン、フォーク、ナイフがひとつになったもの)、調味料入れ、まな板の7点がセットになっているんです!

これだけ入って、サイズは19×13×5cmとコンパクト。サイドバッグやタンクバッグにも余裕で入りますよ〜。

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」中身を展開

素材は軽くて丈夫な、BPAフリーのプラスチック製。

これさえあればアレコレ揃える必要もないので、荷物を減らしたい方にはもちろん、これからキャンプ道具を揃える初心者の方にもおすすめです!

軍採用のカップには秘密が…

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」カップ

実はこのメーカー、カップがすごいんです。

内側に折り込まれている部分をめくり上げるように広げると、カップに変身!

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」カップ

その機能性の高さから、ドイツやフランス軍などでも正式採用されているのだとか。

ベロっとめくれるやわらかい素材なのに、耐熱温度は125度と高め。コーヒーやスープも、熱いままおいしく飲めますよ!

食事を楽しめるたっぷりサイズ

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」ご飯を詰める

実際に使ってみるとこんな感じ。

カレーとご飯を別々のトレーに入れて、大カップにサラダ、小カップにお水を入れても余裕がありました。

(カレーライスをひとつにして、もうひとつにBBQで焼いたお肉や野菜を入れる……なんてこともできそう!)

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」ご飯を詰める

大カップはマグ位の容量があるので、デザートのカットフルーツなんかを入れてもいいかも。

ちょっと使いづらいイメージのスポークも、使ってみると意外と違和感なく使えました!

残念なところ:調味料入れは使いにくい

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」調味料入れ

調味料入れは、3部屋に分かれたタイプ。

出口の穴の大きさが同じなので、粒の細かな塩などはドバーッと出てきてしまうかも。また、せまい方は調味料が入れにくく洗いづらさも。

調味料を使うときは慎重に振りつつ、せまい方は使わないという選択もアリかもしれません。

まな板まで付いてるんだよね

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」まな板

食器だけでなく、まな板もセットなのが地味に助かる……。

このまな板、カドが細かい穴のメッシュ状になっているので、洗った野菜の水切りもできます。

たとえばバイクキャンプの場合は、ザルを持って行きづらいので、このギミックはありがたいですね。

あのギアにシンデレラフィット!

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」のまな板で野菜をカット

ちなみにこのアイテム、キャンプの定番調理器具・トランギアの「ラージメスティン」にすっぽり収まるのだとか。

手持ちのアイテムと組み合わせて使えるのはうれしいですね。

カラバリがたくさんあるので、ナイフと色を合わせたりできる楽しみ方も!

Wildo.「CAMP-A-BOX COMPLETE」

秋のアウトドアは、このボックスを持って身軽にご飯を楽しみましょう~。

※本記事は2019年7月16日に掲載された記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by masa

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking