きむ(ら)

きむ(ら)

7

最近は少し大きい公園に行くと、テントを張ってゆっくりしてる方もいますよね。

私自身も子どもが生まれてからは、ちょこちょこテントを張ることができる公園に行って、遊んだりご飯を食べたりしています。

本当に便利なんですが、テント以外にも色々持っていこうとすると、結構重くてかさばる……。

コールマンの定番ワゴン

コールマン 「アウトドアワゴン」

コールマン 「アウトドアワゴン」 グレー 13,800円(税込)

重くてかさばる荷物を簡単に持ち運べるようにしてくれるのが、コールマンの定番アイテムである「アウトドアワゴン」。

使っている人も多いので、公園やキャンプ場などで見たことがある人も多いと思います。

ずっと気になってはいたものの、ついに買ってみたら後悔しました。もっと早く買っておけばよかったと……!

結構入る&移動もしやすい

コールマン 「アウトドアワゴン」

見た目以上にたっぷり入るサイズ感。

テントに椅子・バッグパック・ランチセット・ボールに加えて、ストライダーという子ども用の乗り物まで入っちゃいます。

コールマン 「アウトドアワゴン」

乗せすぎて落ちないか心配という場合は、ロープも付いているので、これで上から押さえてあげれば不安も解消です。

コールマン 「アウトドアワゴン」

ちなみにハンドルが付いていて、これを引っ張るだけでよいので、重くなっていてもラクラク進みます。

コールマン 「アウトドアワゴン」

タイヤも大きいので、舗装されていない道でも難なく進みますし、ロック機能も付いているので止めておくときも安心!

使わないときはコンパクトに

コールマン 「アウトドアワゴン」

荷物をたっぷり乗せることができるこのワゴン使わないときはコンパクトに収納できるんです。

頻繁に使うのであれば、車のトランクに入れっぱなしにしておいてもよいですね。

気になるところ:結構ヘビー

コールマン 「アウトドアワゴン」

コンパクトに折り畳めるのに、約100kgのものを乗せられるほどしっかりした作りになっています。

唯一の弱点はその重さ。

物を入れて運ぶときはタイヤでコロコロ動かせるので重さはあまり気にならないのですが、畳んだ状態で持ち運ぼうとすると約11kgもあるので、結構重いです。

コールマン 「アウトドアワゴン」

収納ケースには取っ手も付いていますが、ここをしっかりと持って気合を入れて移動する必要があります。

スノコのフタがシンデレラフィット

コールマン 「アウトドアワゴン」

私がワゴンと合わせて購入したのが、木製のスノコのようなフタ。

こちらは折り畳めないので取り回しが少し面倒なのですが、コールマンのワゴンにピッタリとハマって、フタやテーブルとして便利に使えます。

荷物運びのハードルを下げて、キャンプやピクニックにピッタリのこの季節を楽しみましょ〜!

コールマン アウトドアワゴン グレー[Alpen]
ワゴンボード[Alpen]

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 3歳児&0歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking