Étoile

Étoile

16

コンビニでビニール袋が有料化されるなど、環境問題へのより一層の関心の高まりを感じる最近。

自らのエコ意識を見つめ直した、という方も多いのではないでしょうか。

私もそのひとりで、以前からペットボトルは買わずにマイボトルを持ち歩くことにしていましたが、これを機に、より愛着の湧くボトルを探すことにしました。

シュッとスタイリッシュな「フラスクボトル」

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

FLSK 「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」 5,390円(税込)

ネットにあふれる情報を吟味に吟味して選んだのが、環境先進国・ドイツ生まれの︎スタイリッシュなボトル「FLSK (フラスク) ボトル」です。

500mlのペットボトルの横に並べてみると、シュッとした佇まいに、どこか似た雰囲気を感じます。

“いかにも水筒”という寸胴型ではありませんので、初心者の方も違和感なくマイボトル生活を始められそうです。

“ラストボトル”の意味は?

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

どのようなボトルを選ぼうかと調べていたとき、「フラスクボトル」について“ラストボトル”という表現が使われているのを見かけました。

どうやら“水筒から水筒を渡り鳥のようにさすらっていた人が最後に行き着くボトル”という意味合いだそう。

そのように考える人が理由の一番に上げるのが、「フラスクボトル」の持つたぐいまれな保温・保冷力でした。

熱湯95度の場合70.1度以上の温かさを18時間キープ、冷水4度の場合9.1度の冷たさを24時間キープ(公式ウェブサイトより)という記載を受け、自分でも実験してみることにしました。

保冷/保温力を確かめてみました

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」の保冷力

午前11時に冷凍庫から氷を出し、ボトルに詰めて中身を撮影した様子がこちら。

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」の保冷力

そしてこちらが、同日夜23時に撮影した写真です。

丸12時間経過した後も、氷の角が少しとれたのみ

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」の保温力

続いて、これからの季節に大切な保温力。

前日の夜12時に沸騰したお湯を入れ、次の日の朝10時に紅茶を入れたところ、、10時間経っても湯気はもくもく、少し冷まさないと熱くて飲めないほどでした。

普段使いのボトルにこれほどの保冷・保温力があるのはびっくり。

通常ボトルに使われる真空二層構造の技術に加え、ボトル内側に銅のコーティングを行うことでさらに保温・保冷力を高めているのだそうです。

嬉しい・珍しい特性いろいろ

炭酸飲料も可能なFLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

そしてもうひとつ嬉しいのは、「フラスク」には炭酸飲料も入れられるということ。

多くのボトルは圧がかかり蓋が開かなくなってしまう恐れがあるために炭酸はNGですが、フラスクはその高い密閉性と特殊な設計のため、お気に入りの炭酸飲料を持ち運ぶことができるのです。

水代わりに炭酸水、という方にもぴったり。

炭酸飲料も可能なFLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

健康へ影響を及ぼすと言われるBPA(ビスフェノールA)フリーをうたう商品は数多く登場していますが、フラスクは飲み物に触れる部分まですべてステンレス。

とことん使用者の健康に寄り添うその姿勢に、安心と信頼を感じます。

お手入れの強い味方も

FLSKの「クリーニングビーズ」

FLSK 「クリーニングビーズ」 ¥2,090(税込)

毎日使うものですから、掃除のしやすさも大変肝心。

ボトル本体と蓋、蓋に付属するパッキンの3部品のみで構成されていますので、お手入れも楽ちん……なのですが、気がかりなのはその細さです。

中に通常のスポンジブラシを入れることは難しいので、フラスクが別売りで出しているステンレスボトル用のクリーニングビーズを購入しました。

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

小人の帽子のようなケースの中には、ボトル本体と同じ高級ステンレス鋼素材でできたたくさんの小さなビーズが入っています。

これを温水を入れた水筒の中に直接入れ、シャカシャカと振って汚れを落としていきます

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

黒いケース部分は水切り用の穴が空いていますので、洗浄後はそこを目がけてビーズを出すだけ。感じ方には個人差がありますが、今のところ洗浄結果に不満はありません。

※口が狭くビーズが落ちやすいので気をつけてください。

カラー選びもお楽しみ

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

深い森を連想させる“フォレスト”や大理石をイメージしたアーティスティックな“ホワイトマーブル”など、個性的で魅力的な色合いが揃っていますが、私はカラー塗装のない一番シンプルな“ステンレス”を選びました。

シルバーの輝き具合はちょうどミラーとマットの中間ほどで、嫌味のない高級感が漂います。

春夏秋冬よろしくね

FLSKの「FLSK STNLS (フラスク ステンレス) 500ml」

ステンレスボトルは、いつしかお財布やポーチのように毎日かばんに入れる身近な存在となりました。

だからこそ、お財布やポーチを選ぶときのような情熱を傾けて吟味したいもの。

吟味の末に見つけたこのボトルと、これからの温かい飲み物シーズンも目いっぱい楽しみたいです。 

FLSK公式サイト

あわせて読みたい:


Étoile

大きなイベントごとを常に発生させ続けるのは難しいけれど、日々の生活に小さな幸せを見いだすことで、日常にスパイスをかけることはできる。ちょっとした緑を見つけては愛でたり、物語のある雑貨を手にしたり、気持ちのいいものを身につけたり、そんなことを大切にしていきたいと思っています。一番好きなスパイスはシナモン。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking