きむ(ら)

きむ(ら)

1

最近はスマホカメラの性能もどんどん上がってきていて、本当にきれいな動画が撮れますよね。

ただ、動きながら撮影していたりすると、画面が上下左右に細かく動いてしまう手ブレが……。

ドローンで撮ったようななめらかな動きに!

DJI 「OM4」

DJI 「OM4」 16,500円(税込)

手ブレを防ぐためにはスマホがブレないように気をつけて撮影するのが一番。しかし、そうは言ってもなかなかうまくできません。

そこでビデオカメラには昔から色々なタイプの手ブレ補正機能がついており、最近のスマホでも画像処理によって手ブレを強力に補正してくれます。

ですが、やっぱり画質のことなどを考えると、物理的に安定させるのが一番なんです。

それを簡単に実現させてくれるのが、ドローンでおなじみのDJI社の「OM4」というスタビライザー!

DJI 「OM4」

上のGIF動画はスマホをスタビライザーにセットして、普通の撮影時にはありえないくらい手を前後左右に動かしたときのものですが、スマホが常に前を向いているのが分かるかと思います。

よく見るドローンの映像だと、風が吹いているような場面でも画面が全然揺れません。

いわゆるヌルヌルっとした映像になっていますが、基本的な仕組みとしてはこの「OM4」も同じ。

走りながら撮影してもなめらかに撮れる

上の動画は、実際に歩きながら撮影した様子なのですが、画面の手ブレが殆どありません!

走りながら撮影しても、驚くほどなめらかに撮れます。

DJI 「OM4」

また、OM4」とリンクするアプリもよくできていて、簡単に雰囲気抜群のショートムービーを作ったり、縦横それぞれ3枚ずつ撮影&合成して、超広角な画像を作ったりできます。

ちなみに上のGIF動画は、自動で超広角な画像を撮影している様子。動きが可愛い!

使い方は簡単

DJI 「OM4」

今までもスマホに使えるスタビライザーというのはあったのですが、この「OM4」は強力なマグネットでスマホを取り付けられるということが特徴的。

何も考えずに近づければ中のマグネットのお陰でクルッと回って、ピタッとくっつきます。

DJI 「OM4」

私はスマホケースに直接受け側のマグネットを取り付けていますが、スマホを挟み込んで取り付けるタイプのマグネットも同梱されています。

スマホに直接マグネットを取り付けたくない方も安心です。

DJI 「OM4」

とはいえ、直接取り付けておけばスマホスタンドにもなるので、やっぱりこっちがおすすめかも。

残念なところ:持ち続けるとさすがに重い

DJI 「OM4」

手のひらに収まるサイズで持ち運びもしやすいのですが、長めの動画を撮影しようと思うと多少重く感じることも。

実測で約400gとスタビライザーにしてはそこまで重くはありませんが、片手で長い時間撮影するのは、ちょっときついです。

長めの動画を撮影するときには両手で撮影するなど工夫して撮影するのが◎です。

持ち運び用の袋で持ち運びも簡単

DJI 「OM4」

三脚は簡単に取り外すことができるので、移動するときには外して付属の袋にイン。

コンパクトにまとまるので、このままバックパック等に入れて気軽に持ち運べます。

DJI 「OM4」

一度使うと、「OM4なしでは動画を撮影したくない!」と思ってしまうほど、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれるアイテム。

実際に使えば使うほど、「OM4」にハマっていきますよ!

OM4[DJI]

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 3歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking