門岡 明弥

門岡 明弥

7

アウトドアギアって、ひとつひとつがコンパクトになるからこそかさばりませんか?

大きなコンテナにギアをまとめて放り込むのもひとつの選択肢ですが、結局中でゴチャゴチャしてしまうのがストレスなんですよね。

細々としたギアの収納に

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」 6,980円(税別)

そこで最近使い始めたのが、スノーピークの「ユニットギアバッグ 220」。

見た目と肌触りは至って普通のソフトケースなのですが、思ったよりもたくさん入るんです。

見た目以上に大容量

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」 中の仕切り

中にどれくらいの物が入っていたかというと、こんな感じ。

OD缶は縦に3つ重ねてありますが、それでもファスナーは楽に閉まります

その他にも重ねて入れているものもあるので、一旦中身を出してみると……

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」中に入っているものを取り出した

・スキレット
・OD缶×3
・シェラカップ
・着火剤
・ミニ焚き火台
・調味料類
・CB缶×2
・SOTOのバーナー
・コンパクトなガスランタン
・スノーピークのマナイタセット
・OD缶用のバーナー

左から順に、ざっとこれだけ入っています!

ぎゅうぎゅうに詰めることでケースが拡がるのは、やわらかいソフトケースの利点といいますか。

アイテムと入れ方によって、もう少し色々と入りそうです。

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」メッシュポケット

フタの部分には、2つのメッシュポケットがあります。これが地味に助かるんです。

ここには20Lのビニール袋・チャッカマン・カトラリーなどを主に収納。

サッと取り出したい系のものは、アクセスが楽なのでここに入れておきましょう。

仕切りをレイアウトできる

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」仕切り

そしてこの「ユニットギアバッグ 220」最大の特徴は、間仕切りを組み合わせることで自在にレイアウトを変更できるという点にあります。

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」仕切りのレイアウトを変更1

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」仕切りのレイアウトを変更2

こんな風に3枚の間仕切りを駆使することで、ギアの形状に合わせて無駄なく収納スペースを使えるというわけです。

間仕切りとコンテナ内部はマジックテープでくっつくようになっているので、細やかなレイアウトから大胆なレイアウトまで、幅広く活用可能だから嬉しい。

ソフトケースの利点はこんなところにも

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」を持つ

ソフトケースって持ち歩くとき、体に当たってもゴツゴツしてないから痛くないんですよね……。

ハードケースの持ち歩きと比べたら、かなりありがたみを感じます。地味なところだけど、結構大事。

スノーピーク 「ユニットギアバッグ 220」

ちなみに、今回紹介した「ユニットギアバッグ 220」ですが、スノーピークの「シェルフコンテナ」と合わせて使ってもいいみたいですね。

「シェルフコンテナ」は前々から欲しいと思っていたのですが、人気商品のため中々手に入らず。いつか手に入り次第、組み合わせて使ってみようかな~と思います。

ユニットギアバッグ 220[snow peak]

あわせて読みたい:

門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking