MACO GO 充電器

谷田貝

谷田貝

常に身につけているからこそ、充電が切れたら困るのがApple Watch

しかしながら、出先で充電するには少し不便なんですよね……。

この充電器ならポケットにも余裕で入るスッキリさ。

Apple Watchユーザーの必携アイテムの誕生です!

コインサイズの充電器

maco go

MACO GO」は、オーストラリアのデザインメーカーThree1Designが設計した、コインサイズのApple Watch充電器

大きさは500円玉硬化よりほんの少し大きい32 x 42 x 10 mm(USB-C端子含む)で、重さはわずか12g。

これだけコンパクトならばズボンのポケットやお財布の中にも入れておけそうです。

maco go

ケーブルが付いていないので幅を取らず、バッグやポーチの中身をスッキリとさせてくれるのがありがたいですね。

デバイスに固定できる

maco go

どんなタイプのバンドにも対応しているので、充電器を気にせずストレスフリーにApple Watchライフを楽しめそう。

充電部分にはマグネットが付属しており、そのまま置いていてもすごい安定感。

MACO GO 充電器

さらにiPad Proに接続すると、ちょうど見やすい角度に設置できるので、Apple Watchを自然にチェックしながら作業をすることも可能。

MackBookやiPad Proから直接充電可能

maco go

普通のApple Watchの充電器だとMackBookやiPad Proから直接充電できず、わざわざ変換プラグを挟む必要がありました。

maco go

MACO GO」はUSB-C端子の仕様なので、 MackBook、iPad Proからの直接充電可能。

なんとAppleユーザーにやさしい設計! 元々こちらが純正なのではないかと錯覚するくらいの便利なデザインです。

Apple Watchユーザーは、この超コンパクトな充電器でどこでも手軽に充電しちゃいましょう!

MACO GO[Machi-ya]

あわせて読みたい:

谷田貝

ROOMIE編集部。音楽はヒップホップが好きです。食べ物はカレーが好きです。ずっと夏がいいです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking