Bon-Masu

Bon-Masu

7

はちみつレモンを作っています

夏なら炭酸水で割ってはちみつレモンスカッシュに、冬ならホットはちみつレモンに。

しかしなぜこんな中途半端な時期にはちみつレモンなの? と、思うかもしれませんね。

それは露地物レモンが出始める時期だからです。

まさしくレモンの出始めです

できることなら多くの食材で、地産地消を実践したいと思っているのですが、現実的ではありません。

飲み物やシロップなら、材料の品目数が少ないので地産地消が可能です。

私の住む地域では露地物のレモンが栽培されていて、今がまさしくレモンの出始め

これから春にかけて出荷されていきます、今の時期はグリーンのレモン。

おなじみのレモンの香りに加えて、ちょっとだけ青臭いような若々しい香りもします

材料は、はちみつとレモン

この2つはどちらも、私の住んでいる場所の近くで採れたもの。

レモンは防カビ剤とワックスを使っていないものです、今回は傷のあるレモンを買いました。ほんの少し皮に傷があります。

容器も念入りに

まず、保存容器を熱湯殺菌します。

レモンの酸による腐食を考慮するとガラス製がオススメ

私が愛用しているのは、日本製のチャーミークリアタフ浅型350ml、浅型の広口瓶はとても使いやすいです。

レモンは薄く

レモンの皮も食べるので、傷がついた部分は最初に取り除きます

できるだけ薄く輪切りにします。

レモンなど果物専用のカッティングボードを用意すると安心ですね。

使っているのは、Pre-mier (プル・ミエ) SMARTカッティングボード

果汁がこぼれにくい溝付きでとても使いやすいです。

タネが出てきたら、丁寧にとります。

今回は350mlのガラス容器で作るのでレモンは2個、このように切ります。

切ったら並べてハチミツを

それでは、熱湯殺菌した容器にレモンを並べていきましょう

レモン2個分でこんな感じ、容器の半分ぐらいまでレモンが入る程度です。

レモン1個に付きはちみつは100gが目安

今回はレモン2個なので、200gのはちみつを入れましょう。

はちみつを入れていきます、この瞬間が一番楽しい

はい、出来上がり。

寝かせてあげよう

常温の方が馴染みやすいので、1日は室内におきます。

2日目に冷蔵庫へ。

常温で長く保存すると、アルコール発酵が始まってしまうので注意してください

数日おくとレモンの果汁と混ざって、はちみつがサラサラに

その後3日で、はちみつは使えるようになります、1週間するとレモンも食べられますよ。

冷蔵庫で保存して、1ヶ月〜1ヶ月半ぐらいに使い切りましょう。

それではいただいてみましょう

ジンジャーエールに加えたのが左、体調が整う味

夏の名残のレモンスカッシュ

先月ROOMIEの記事で紹介した、自家製ジンジャーエールに追加するのも最高です。

早く起きた休日は、ホットはちみつレモンで特別な夜明けに

秋を先取りしてホットでも。

綺麗で力強いはちみつレモンの色を楽しみたいので、最適なのは耐熱ガラスのマグカップ

いまの時期だけのグリーンレモンの少し青臭いような香りを楽しんで欲しいのですが、ちょっと香りがきついと感じる方は、はちみつの量をすこし増やしてあげても良いのです。

若々しいレモンの香りに包まれて、暑かった夏に疲れた体を整える。

できるだけ近くで収穫された素材を、飲み物で楽しむのはオススメです。

あわせて読みたい:


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking