24

涼しくなってきて、外で飲むホットコーヒーがおいしく感じるシーズンになりました。

外でもドリップしたコーヒーを飲みたいなら、何度でも使えるフィルターが便利ですよ。

ペーパーフィルターと遜色なし

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

GSI 「リユーサブル ジャバフィルター#4」 880円(税込)

リユーサブル ジャバフィルター#4」は、ペーパーフィルター代わりに使えるコーヒーフィルター。

素材は目の細かいナイロンでできていて、破れたりしない限り何度でも使えます

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

細かめに挽いた豆を入れてお湯を注いでみても、紙タイプと同じようにドリップできます。

粉が網目を通過しちゃうような不安は無用でした。

フィルターのサイズは大きめなので、2〜3杯分のドリップもできますよ。

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

肝心のコーヒーの味ですが、個人的にはペーパーフィルターを使ったときとの違いは正直わかりませんでした(笑)

カップにすっぽりサイズ

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

畳むとペーパーフィルターよりも小さくなっちゃいます。ワイヤーなどは使われていません。

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

マグカップにインしておけば、コンパクトにセットで持ち運べるので「フィルター忘れた!」ってことも防げますよ。

残念なところ:収納ケースを付けて欲しかった

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

ドリップした後はやはり汚れてしまいます。

洗える環境なら問題ないですが、洗えないときの為にも収納ケースは付けて欲しかったかな。

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

僕の場合は、汚れたドリッパーとセットでジップロックにインしてます。

これなら収納時に、他のものが汚れる事態は避けられるので。

丸型じゃなくても大丈夫

GSI リユーサブル ジャバフィルター#4

アウトドア用のドリッパーって丸いタイプと、三角や四角などの角ばったタイプがありますよね。

どっちのタイプでも使ってみた結果、特に問題はありませんでした。

若干角ばったタイプの方が浮く感じはありましたが、ドリップは普通にできたのでご安心を。

紙タイプだと濡れてしまったら最悪使い物にならないけど、「リユーサブル ジャバフィルター#4」ならそんな心配をしなくていいのもGOODなポイントですね。

あわせて読みたい:


Ranking