Fukuko

Fukuko

22

感染拡大防止対策のためのアルコール。最近、あちこちの施設の入り口で見かけますよね。

スプレーだったり、ポンプだったりいろんなタイプがありますが、やっぱりありがたいのは触れずにシューって出てくる自動噴霧器。

うちにもあったら便利かもと思い、試してみました。

お手頃価格が嬉しい

Amazon 「アルコール消毒噴霧器」 2,280円(税込)

世の中の状況もあってか、さまざまなアルコール自動噴霧器が出ています。

これは価格がお手頃なのが嬉しく、最近わが家で活躍しています。

アルコール自動噴霧器

見た目もシンプルで、どこに置いても悪目立ちすることもありません。

アルコールを入れる部分が透明のため、残量がひと目でわかるのも嬉しいですね。

センサーの感度もよく、噴霧の量も選べます

アルコール自動噴霧器

店舗などの入り口にも、よくセンサー式の噴霧器がありますが、感度が悪い場合もあってすぐに出てこないことも……。

「あれ? これどっか押すのかな?」と思ったり、手をあっちこっちにやってみちゃうことも。

アルコール自動噴霧器

これは噴霧口の下に手を差し出せば、シュッとすぐに出てきます。

噴霧量も2段階で選べますよ。

使い方も簡単

アルコール自動噴霧器

構造は至ってシンプル。

本体の上部と下部をひねるようにして外します。

アルコール自動噴霧器

上部に電池を入れる部分があるので、表示の通り電池を入れます。使うのは単三電池4本

手をサッとかざすだけで済むので、いちいちボトルをプッシュする手間が省けましたよ。

キッチンや玄関、洗面所、それぞれに1台ずつ置いておくのもいいかも?と思えるアルコール自動噴霧器でした。

※不適切な表現があり、2020年9月28日(月)21時48分に一部修正を致しました。読者の皆様に深くお詫び申し上げます(ROOMIE編集部)。

あわせて読みたい:


Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking