sato

sato

9

涼しくなってきたかと思ったら、夏日もあったり……。

今日何着るのが正解?と悩む日も多いこの時期、頼もしいのがカーディガンではないでしょうか。

メリノウールで知られるicebreakerで、ちょうどいいアイテムを見つけました。

メリノウールを日常使い

icebreaker 「クールライト カーディガン」

icebreaker 「クールライト カーディガン」 16,500(税込)

アウトドアのインナーでもおなじみのメリノウールは、メリノ種の羊の毛。

保温性と湿度調整に優れ、防臭力も高いため、寒暖差が激しい登山のベースレイヤーとして市民権を得ています。

チクチクしないやわらかな肌触りも、素肌に触れるインナーには大切な要素。私自身、登山用インナーはメリノウール一択です。

icebreaker 「クールライト カーディガン」

icebreakerはそんなメリノウールを扱う代表的なブランド。

優れたメリノウールをアウトドアだけではなく日常使いしたい。

そんな想いに応えてくれるのがこの「クールライト カーディガン」です。

クールライト カーディガン」は、暑いシーズン向けのメリノウール素材であるCOOL-LITE再生繊維テンセルの混紡に、ナイロンも少し入っています。

icebreaker 「クールライト カーディガン」

テンセルのおかげでメリノウール単体よりもなめらかで、さらりとした肌触り。

少し光沢も感じられ、仕事服にも合わせられる上質な風合いです。

今日は暑い?涼しい?迷ったらこれを羽織ろう

icebreaker 「クールライト カーディガン」

昨日は夏みたいに暑かったのに、今朝は毛布に包まるくらい肌寒い。

今日は何を着たらいいのやら……と、天気予報の気温をチェックしてからコーデを考えるという人も多いのではないでしょうか。

しかも衣替えは未だしてない。そんなときは、夏服の上にコレを羽織って出かければひとまずはOK。

icebreaker 「クールライト カーディガン」

半袖の上に羽織っても腕がチクチクせずほどよ〜く保温もしてくれるので肌寒さはなし。

またメリノウールには汗冷えしにくいという利点もあり、気温が上がって知らないうちにうっすら汗をかいてそのまま室内に入っても、冷えることなく快適です。

icebreaker 「クールライト カーディガン」

ウールなのにネットに入れて毎日の洗濯物と一緒に洗える点も、普段使いには最適。

洗っても、なめらかな風合いはそのままです。

シルエットもなかなかいいのだよ

icebreaker 「クールライト カーディガン」

Tシャツでも襟付きシャツでも合わせやすい、浅めのVネックが絶妙。

カラーバリエは、こちらのブラックヘザーの他、ほぼ白にも見えるペイルグレーと鮮やかな青のサーフがあります。


流行を追わないベーシックなデザインなので、長く愛用できそう。

店員さんいわく、海外のサイズ表記になっているため、表示より1サイズ大きめと思って選ぶといいそう。

購入したXSは、日本のSくらいとのこと。

icebreaker 「クールライト カーディガン」

適度にゆとりがあるシルエットで、長袖シャツの上に羽織ってももたつきません。

残念なところ:ちょっと高価かな

icebreaker 「クールライト カーディガン」

シンプルなカーディガンを購入しようと思えば、ファストブランドなどでかなり安く手に入りますし、16,500円はちょっと高いかなと感じるかもしれません。

ただ、icebreakerはその品質にもかなりこだわっており、「着る→洗濯」を繰り返しても毛玉ができにくく、風合いは美しいまま。

長く使うことを考えたら、それほど高い買い物ではないかなと思います。

薄くて軽いから携帯にも便利

icebreaker 「クールライト カーディガン」

暑い日は、着て出かけるというよりも主に冷房対策に。

小さめのスタッフサックに入れて常にバッグにイン。

肌がギリギリ透けないくらいの薄さですが、冷えすぎの冷房から守ってくれます。

icebreaker 「クールライト カーディガン」

今は半袖の上に、もう少し涼しくなったら長袖の上に羽織って、もうしばらく活躍してくれそうな「クールライト カーディガン」。

来年も再来年も、春〜秋にかけて活躍してくれそうです。

もっと寒くなってからも着たいという方は、中厚手のオアシス カーディガンもおすすめですよ。

クールライト カーディガン[icebreaker]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking